構造計画研究所 SBDプロダクツサービス部
SBDエンジニアリング部

構造計画研究所

お問い合わせ

COLUMN

技術コラム

【粉体】粉のお話 Vol.7|粉体の軌跡

粉体を取り扱われている方なら、粉体の軌跡を追ってみたいと思うことがあるのではないでしょうか。
例えば、混合機・撹拌機の羽根形状を変更した際の粉体の移動経路の違いなどは気になるところでないかと思います。


液体や気体であれば、透過性が高いので実験でトレーサーを入れて可視化することで軌跡を追っていくことができます。
一方で、粉体の場合にはほとんど透過性がないものが多く、実験から軌跡を追うのは非常に困難だと言えます。


しかし、そのような粉体でも粉体シミュレーションを利用することにより軌跡を追っていくことができます。
粉体シミュレーションソフトウェアiGRAFでは、結果確認にParaViewを使用しておりますので、ParaViewにおける粒子の追跡方法について簡単にご紹介します。


ParaViewの粒子の追跡には、「Temporal Particles to Path Lines」を使用します。
particleを選択した状態でFiltersの「Temporal Particles to Path Lines」を選択した後に、Mask Point(何粒子に1つの粒子を追跡するか)とMax Track Length(表示する軌跡の長さ)を指定します。あとは再生するだけで、粉体の軌跡が描画されます。


このような軌跡を可視化するだけでも、混合機や撹拌機の羽根形状の性能比較を容易に行えるようになるのではないでしょうか。


ご興味ございましたら、ぜひとも一度お試しください。


[From K.Yamaguchi]

Analysis Case
解析事例

Analysis Case
解析事例

キーワード

もっと詳しい条件で検索する 

全体カテゴリ

製品カテゴリ

業種・⽤途

リセット

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

トレーニング

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

もっと見る

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

トレーニング

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

もっと見る

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る