構造計画研究所 SBDプロダクツサービス部
SBDエンジニアリング部

構造計画研究所

お問い合わせ

CASE

熊本城下の鼻繰り井手

解析タイプ:自由表面流れ、用水路

粒子法を用いた熊本城下の鼻繰り井手をご紹介します。 鼻繰り井手(はなぐりいで)とは、熊本県にある農業用水路です。
(鼻ぐり井手公園Webサイトはこちら:別窓で開きます)
1600年ごろに加藤清正公によって作られたといわれています。
この用水路は、特殊な構造により、阿蘇山の火山灰(ヨナ)の堆積を防ぎ、
安定した通水能力を確保できます。 この用水路は、実は流体力学的に絶妙な構造になっていることが、
実験的または理論的にも検証されています。
粒子法に基づいて熊本城下の鼻繰り井手を解析しました。

このシミュレーションから以下のことを検証できます。
・水面形状
・壁面付近の速度分布
・水面付近の循環流
・堆積する最小の砂粒子径

Analysis Case
解析事例

Analysis Case
解析事例

キーワード

もっと詳しい条件で検索する 

全体カテゴリ

製品カテゴリ

業種・⽤途

リセット

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

トレーニング

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

もっと見る

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

トレーニング

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

もっと見る

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る