構造計画研究所 SBDプロダクツサービス部
SBDエンジニアリング部

構造計画研究所

お問い合わせ

COLUMN

技術コラム

第1・第3木曜日配信!
SBDメールマガジンより、
最新の技術コラムをお届けします。

【リスクマネジメント】vol.8 「基礎FMEA及びファミリーFMEA」と「5つのT」

前回は、FMEA-MSRについてご紹介しました。
今回はAIAG&VDA規格改訂ポイントの残り2つ、「基礎FMEA及びファミリーFMEA」と「5つのT」についてご説明いたします。

基礎FMEAおよびファミリーFMEAは、新たな分析の基礎として利用されるFMEAです。過去の経験と知識を活用して、製品ライフサイクルにわたって知識を蓄積し、過去に生じた問題の再発を防止します。つまり、過去の教訓を生かすためのFMEA基盤となるうえ、事故再発による労力と支出を削減することもできます。
基礎FMEAには様々な呼び名があります。

・一般
・ベースライン
・テンプレート
・コア
・マスター
・ベストプラクティス

これらは、以前の開発で得られた組織の知識を含むFMEAであり、新たなFMEAの出発点として有用です。
ファミリーFMEAは、基礎FMEAを特化したものです。

・共通又は一貫する、製品境界及び関連機能を含む製品(製品ファミリー)の開発
・複数の製品又は部品番号を製造する、1つのオペレーションを含むプロセス

などに適用されます。
このような場合、製品ファミリーが有する共通の性質を含むファミリーFMEAを開発するのが適切であるといわれています。

開発中の新製品やプロセスに対してファミリーFMEAや基礎FMEAを適応するときは、既存と新規の差異を特定し、その分析に焦点を合わせるべきと言われています(変更変化点分析ともいわれます)。ファミリーFMEAや基礎FMEAから得られた情報やランクは、既知の適用における各々の利用事例や経験に基づいて、しっかりと評価する必要があります。

図:STATURE活用

「5つのT」とはプロジェクト計画策定に使われるもので、オンタイムで最良の結果を達成しFMEAの手直しを回避するためにDFMEA又はPFMEAの開始時に議論すべき5つの主題を指します。
これらの主題は、プロジェクトのキックオフの一部として利用することができます。

FMEAの意図(InTent)- なぜ私たちはFMEAに取り組むのか?
FMEAチームのメンバーが、各々の役割に基づいて、FMEAの目的と意図を理解すると、プロジェクトのゴールと目標達成へ大きく前進します。

FMEAのタイミング(Timinig)- この完了期限はいつか?
FMEAの意味するところは、「事前」の処置であって「事後」の後始末ではありません。
FMEAプログラムの成功のために最も重要な要素の1つは、タイミングよく行うことです。製品/プロセスの変更が非常に容易で、かつ費用をそれほど必要とせずに実施できる上流段階において、FMEAを完了するために適切に時間をかけることによって、下流段階での変更リスクを最小化できます。

FMEAのチーム(Team)- 誰がチームに参加する必要があるか?
FMEAのチームは、取り扱う条件に対して必要な知識を有する多機能(又は部門横断的)メンバーによって構成されます。
これにはファシリテーションの専門的スキル、及びFMEAプロセスに関する知識も含まれます。

【メンバー構成の例】
・マネジメント(プロジェクトマネジャー)
・設計/プロセスの技術責任者(技術面のトップ)
・FMEAファシリテーター
・コアチームメンバー
・拡張チームメンバー/専門家

FMEAのタスク(Task)- 何の作業が必要か?
7ステップによる分析では、各ステップにおけるタスクとその成果を示します。
タスクの遂行は、メンバーや組織内で適切にレビューされる必要があり、レビューしたい情報を適宜取り出せるようFMEAのフレームワークを構成すべきです。
また、各タスクが確実に遂行されているか、内部監査員、顧客監査員、又は第三者審査機関によって監査/審査されることもあります。

FMEAのツール(Tool)- 分析はどのように実施されるか?
現在、DFMEA及びPFMEAの開発や処置活動のフォローアップに用いられるソフトウェアパッケージ、つまりFMEAツールが多く存在します。弊社ソリューションSTATUREもその1つです。FMEAツールは、専用のFMEAソフトウェアからFMEA開発用にカスタマイズされた標準のスプレッドシートまで多岐にわたります。会社は、独自の社内データベースソリューションを開発してもよいですし、商用ソフトウェアを購入してもよいとされています。
いずれにせよ、FMEAチームは、会社が必要とする、プロジェクト用に選択されたFMEAツールの利用方法に関する知識を持っている必要があります。

基礎FMEA
ファミリーFMEA
5つのT

これまで5回にわたり、AIAG&VDA FMEAのポイントをご説明しました。
次回からは、プロセス安全の分析手法であるHAZOPについてご紹介します。

参考文献
・Automotive Industry Action Group(全米自動車産業協会)、AIAG&VDA故障モード影響解析-FMEAハンドブック英日対訳版-、一般財団法人日本規格協会、2019年

[From Y. Komiyama]

Analysis Case
解析事例

Analysis Case
解析事例

Case Study
導入事例

キーワード

もっと詳しい条件で検索する 

全体カテゴリ

製品カテゴリ

業種・⽤途

リセット

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

講習会

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

もっと見る

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る

Topics
トピックス