構造計画研究所 SBDプロダクツサービス室
SBDエンジニアリング部

構造計画研究所

お問い合わせ

CASE

技術コラム

第1・第3木曜日配信!
SBDメールマガジンより、
最新の技術コラムをお届けします。

【粉体】粉体シミュレーションの解析事例vol.12  コンテナブレンダーの解析事例Ⅱ

今回もコンテナブレンダーの運転条件の検討事例をご紹介させていただきます。


混合プロセスの解析事例

背景
前回はコンテナブレンダーの仕込み量により、粉体混合への影響を紹介しました。今回は粉体の流動性による混合状態への影響を検証します。一般的には、装置のメーカーより推奨の運転条件が提供されていますが、全ての材料に対して、適切な運転条件というわけではありません。今回は流動性が良い材料と流動性が悪い材料を使用して、同様な運転条件で検証を行いました。

目的
コンテナブレンダーにおける粉体材料の流動性の影響を確認します。

解析モデル
下記のモデルで、流動性が良い粉体と悪い粉体を設定して、シミュレーションを行いました。装置の運転条件が同じです。

正面

等角投影


解析結果および考察

各ケースの粉体挙動結果は以下になります。

左:流動性が良い 右:流動性が悪い






下記は同じ時刻の画像結果になります。

左:流動性が良い 右:流動性が悪い





見た目でもわかる様に、流動性が良いケースの混合均一性のほうが高いことが分かります。
iGRAFに搭載されているLacey’s Mixing Indexを用いて混合均一性を数値化しました。


縦軸がMixing Indexで横軸が時間になります。Mixing Indexは0から1の値を取り、0の場合には全く混合されておらず、1の場合に完全に混合されている状態を示します。上記の動画および画像の結果で確認した通り、流動性が良いケースのほうがが早く混合されます。

結論としては、粉体材料毎に適切な運転条件が異なります。粉体シミュレーションを用いて、事前検証を行い適切な運転条件を簡単に確認することができます。

[From L. Chiew]

Analysis Case
解析事例

Analysis Case
解析事例

キーワード

もっと詳しい条件で検索する 

全体カテゴリ

製品カテゴリ

業種・⽤途

リセット

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

講習会

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

もっと見る

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る

Topics
トピックス

イベント・セミナー

シミュレーションに関するイベント・セミナー情報をお届けいたします。

もっと見る

トレーニング

SBD製品各種の操作トレーニングを開催しております。

技術コラム

シミュレーションに関する基礎知識や、製品の技術的なノウハウが満載の技術コラムをお届けいたします。

もっと見る