本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン

メールマガジン

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、最新のCAE/解析製品情報や使い方ノウハウが満載の「SBDメールマガジン」のご紹介を致します。マンスリーカレンダーのプレゼント情報も併せてご覧下さい。

  • メールマガジンのご登録はこちらのフォームから
  • メールマガジンバックナンバーはこちらから
メールマガジン最新号サンプル

皆様こんにちは。
私たちは、モノを選ぶ時に、値段を参考にすることが良く有ります。

例えば、ワインを選ぶ時に、渋みが強いとかフルーティーだとか、しっかりした
好みを持っている人は、それがまた参考になりますが、飲み慣れない人、或いは
知り合いに贈答品として送る場合などには好みが分からないので、つい高いワイン
は美味しくて、安いワインはそうでないと判断しがちです。

ところが私たちが扱うソフトウェアの世界では、価格が製品の良し悪しの参考に
ならない場合が多いのです。

ソフトウェアが他の商品と大きく違うのは、量産しても原材料が増えないと言う
ことです。少し前までは、パッケージソフトはCD-ROMに焼かれ、製本したマニュアル
と一緒に化粧箱に入れられて販売されていたので、それらの材料費が掛かりました。
でも数千円程度で、私たちが取り扱うCAEのソフトウェアの価格(百万円~一千万くらい)
に比べたら、ただのようなものです。

さらに最近は、"ソフトウェアもマニュアルもWEBからダウンロードして使ってください"
となると、本当にただです。
百本売っても、一万本売っても、製造コストは変わりません。

ですから、使い勝手が良くて、誰に聞かなくてもスイスイ使えるような"出来の良い"
ソフトは、開発費をペイするだけでやれますから、数が出れば出るほど安く出来るのです。

ところが、使い勝手が悪く、どう使ったら良いか分からない。時々、変な動きをする。
シミュレーションソフトであれば、計算結果が実験とちっとも合わないとか、入力する
パラメータ(材料定数や境界条件)がユーザが普段、耳にしないような類のもので、
どう計測して入力したら良いか分からない、と言ったものは、購入先に問合せないと
正しく使えません。

このようなソフトウェアは、売る側からすると、売れたら売れただけサポートの手間が
掛かりますので、高くしないとペイしません。

私たちSBDチームが目指している"姿"は、いくら売ってもサポートの手間が掛からない
"出来の良い"ソフトウェアです。
それを、限られた解析の専任者にではなく、一般の設計者に使って貰えるようなソフト
ウェアです。

このようなソフトウェアでは、新しく追加する機能も、直感的に使えて、イチイチ使い方
を教えなくても、正しい結果を出して貰えるものでなければなりません。

来週企画している、「熱流体解析100%活用し隊!オープンセミナー」では、流体解析ソフト
「FloEFD」に加わる、"使い勝手の良い"新機能のご紹介を致します。

セミナーは、東京/名古屋/大阪で以下の日程で行われます。
9月26日(火) 東京
9月28日(木) 名古屋
9月29日(金) 大阪

詳しくは==>http://www.sbd.jp/news/cfd100_offsite_seminar.shtml

開発元「ロシア」から開発者をお招きし、通訳を付けてダイレクトにご紹介しますので、
ユーザの方、流体解析にご興味のある方は是非ともご参加ください。

また、同じ週に、「最高にわかりやすい構造最適化活用講座」もやっています。

こちらは、以下のスケジュールです。
9月12日(火) 東京 ※終了 大好評でした。
9月26日(火) 名古屋
9月27日(水) 大阪

詳しくは==>http://www.sbd.jp/news/post_3.shtml

会場でお会いできることを楽しみにしております。


        

[ 2017/09/21 from T.Sumiya ]


┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【諸々】ひろこの部屋 シーズン5 Vol.3 - きれいな空気を守る
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんにちは、ひろこです。先日、知人がお好み焼き屋を開業しまし
た。カウンター越しに店主が調理する姿を見られるお洒落な店です。
店主が喫煙家なので喫煙可否についてたずねてみると、自治体の条例
に基づいた分煙ができず全席禁煙にし、店主は厨房奥のベランダで密
かに喫煙しているそうです。

 受動喫煙に対する条例が整備され喫煙スペースが次々整備されてい
ます。喫煙スペースの設置においては排気やスペースの区切り方など
に配慮が必要です。厚生労働省では「効果的な分煙対策を行うための
留意点」を公開していますが、蝶番式の開閉扉はフイゴのような作用
が起き煙が漏れ出す、アコーディオンカーテンは閉め忘れる人がいる、
自動スライドドアは設置費用がかさむなどの注意事項が記載されてい
ました。科学的、人的、金銭的と多面的な考察があり奥の深さを感じ
ます。

 さて、科学的な考察はCAEの出番です(フイゴは難易度高いですが)。
SOLIDWORKS Flow Simulaton/FloEFDのHVACオプションに含まれる
トレーサースタディでは煙草煙などの拡散を検証することが可能です。
手法は粒子スタディに似ていて、空気など主となる流れを計算した後、
その流れ場の中で煙草煙などの副成分(トレーサー)の拡散状態を計
算します。副成分は主成分の流れに影響を及ぼさないというのが前提
条件です。結果として副成分の質量割合や換気効率を示す局所空気質
指数、汚染物質除去のサマリーなどが確認できます。

 文字の説明だけだと分かり辛いですね。店舗に設置したエアカーテ
ンの風量パラメータを変更し汚染物質拡散の様子を検証しました。
お時間のある時に鑑賞してください。

【YouTube】CAEで検証しよう~熱流体編~
 「検証02 エアカーテン」  https://youtu.be/j78WftpahWY


[ 2017/09/21 from H.Horiuchi ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【粉体】粉のお話 Vol.2 - 充填
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

みなさま、こんにちは
raizanヤマグチです。

多くの成形プロセスがある中で粉末材料の圧縮成形を
取り扱われている方も多いのではないでしょうか。
圧縮成形とは、型に粉末材料を充填させた後に圧力を加えることで
固形化するプロセスになります。
このプロセスでは、成形品の強度や製造にかかる時間の短縮などが
課題に上がることが多くあります。

特に製造にかかる時間を短縮するためには粉末材料を充填する際に
型内の空気をどのようにして効率よく抜くかが重要になります。
空気を効率よく抜くことができないと充填する際に
粉末材料が空気の抵抗を強く受けるため落下速度遅くなり、
結果として充填時間が長くかかってしまします。

そこで、粉体・混相流シミュレータiGRAFを使用して、
実際に空気の影響がどの程度あるのかを検証したところ、
空気を考慮した場合と考慮していない場合では、
充填時間に数十パーセントの違いが発生しました。
粉体単相のみの解析でも充填の様子を計算することはできますが、
空気を考慮した解析が重要になることがわかります。

充填時の空気の取り扱いにお悩みの方がいらっしゃいましたら、
ぜひご相談いただければと思います。

10/11~10/13に大阪で開催されます「粉体工業展大阪2017」にも
出展いたしますので、ご興味ございましたらぜひお立ち寄りください。

粉体工業展:http://www.powtex.com/osaka/

粉体・混相流シミュレーションソフトウェア「iGRAF」:
http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml

 

[ 2017/09/21 from K.Yamaguchi ]

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.449 - 答え合わせはするべきです
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆様こんにちは、NOです。
3回目のコラム執筆となります。今回もCAE実務に関しての内容にしました。

CAEでの解析を行う際に『この結果は正しいのかな?』と思うことが多々あります。

私が過去に解析を行った際に、ミスをしたのにもかかわらず上司もミスに気づかずに
そのまま結果を鵜呑みにして設計を進めてしまったことがありました。
幸い、大きなトラブルには繋がりませんでしたがゾッとした思い出があります。

私個人の意見ですが、解析結果って見た目のインパクトが強くて説得力が高いイメージ
があります。細かい諸元(設定)が書かれていないと結果だけ確認して、それが常識の範
囲内の値なら正しいと受け取ってしまいがちです。
これが計算書なら順を追って確認ができますが、CAEだと設定データをわざわざ確認する
必要が出てきてしまうため省かれがちです。
同僚や部下が行った解析結果のチェックって思った以上に難しいと思います。
過去に似たような事例があれば、その際の結果と比較してみたりできますが、事例の無い
ケースだと尚更心配になります。

最後はやっぱり、実物で同じ解析内容の測定をするのが重要ですよね!!
解析したけど実測結果との照らし合わせはしてなかったってこともよくあります・・・
中には測定機材が無くて測れない場合もありますが(苦笑)

実測と解析でどれほどの誤差があるのか?
似たような解析で結果が弱く出るのか強く出るのか傾向が見えてくる。
あまりにも誤差が大きかったら解析方法を見直す必要がある。
などなど課題がいくつか明確になってくるはずです。

あと、余談かもしれませんが経験を積んだ人の直感って侮れないと思います。
「ん?この解析なんか変じゃね?」って上司に言われて、改めて見直すとミスが見つかるって
ことが度々あります。
これも経験という名の結果比較だと思います。

皆さんも自分で行った解析結果に対しての答え合わせってしてますか?
より良い(正確な)結果を得るためには『答え合わせはするべきです。』

それではまた次週。


 

[ 2017/09/21 from NO ]


┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017/09/21 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────────
──────────────────────────────────
◆展示会◆
◇粉体工業展 大阪2017
 日時:2017年10月11日~13日
 場所:インテックス大阪
 http://www.powtex.com/osaka/

◇関西 設計・製造ソリューション展
 日時:2017年10月4日~6日
 場所:インテックス大阪
 http://www.dms-kansai.jp/

◆注目イベント◆
◇Mentor Forum 2017 - FloEFDと熱問題対策◇
 ~ T3Sterと連携した高精度の熱解析ソリューション ~
 流体解析の基礎も含め、LEDとパワーデバイスに特化し、
 T3Sterと連携した様々な用途に使えるFloEFD ソリューションをご紹介します。

 日時:2017年10月6日(金)13:00~17:30 (受付開始12:45)
 会場:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 セミナールーム
    品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー20F
    http://www.mentorg.co.jp/company/tokyo.html
 申込ページ:http://www.mentorg.co.jp/products/mechanical/events/MF2017_floefd_tokyo/index.html

◆無料セミナー◆
◇最適な設計案を身近なツールで!
 最高にわかりやすい構造最適化活用講座◇
 これから構造最適化を設計業務に取り入れたい方、必見です。
【名古屋】2017年09月26日(火)13:00~17:30
【大 阪】2017年09月27日(水)13:00~17:30
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncPa2b

◇iGRAF製品紹介&体験セミナー◇
 粉体・混相流解析ソフトウェア「iGRAF」の機能や
 解析事例についてご紹介します。
 日時:2017年9月26日(火)13:45~17:30(受付開始13:30~)
 会場:構造計画研究所(東京)
 http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml

◇熱流体解析100%活用し隊!オープンセミナー
 海外メーカーでの最新事例から学ぶ活用術◇
 ロシアから開発元のプロダクト統括ディレクターを迎え、
 海外トップメーカーでの活用事例や最新動向をご紹介いただきます。
【東 京】2017年9月26日(火)(受付13:00~)13:30~17:20
【名古屋】2017年9月28日(木)(受付13:00~)13:30~17:20
【大 阪】2017年9月29日(金)(受付13:00~)13:30~17:20
 http://www.sbd.jp/news/cfd100_offsite_seminar.shtml

◆有償セミナー◆
◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1日目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2日目)
 ■設計、検証実習編(3日目)
東京・大阪で開催いたします。
 詳細は↓ここから
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆定例セミナー(有償座学)◆
◇設計者のための熱流体解析入門トレーニング(流体・熱編)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方
 熱流体解析を学んでみませんか?
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9Ll

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 構造最適化セッションが追加されました。
 http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
10月の展示会を2つ イベントコーナにて お知らせしました。
どちらも大阪開催です!
関西設計・ソリューション展は 今年で20年となります。事前アポイントも
できますので有意義に展示会をご活用ください!
設計・製造展 事前アポイント↓
http://www.dms-kansai.jp/To-Visit/Apposys/

       

[ 2017/09/21 from KURODA ]

*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

おしえて い・ろ・は 最新情報

【熱流体 Q&A】030 2014.10.09 「ユーザ会では熱設計力向上トラックへ!」

【構造Q&A】029 2014.10.02 「接触可視化」

詳細・その他のバックナンバーはこちら

マンスリーカレンダープレゼント

New!!
2017年09月のデスクトップフォトカレンダー
撮影者からのコメント

涼風
   山里に涼やかな風が降りてきた、、、
   羽を休めて過ぎゆく夏を惜しむ

2017年09月のデスクトップフォトカレンダー
今までのカレンダーをご紹介


ページトップへ戻る