本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン

メールマガジン

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、最新のCAE/解析製品情報や使い方ノウハウが満載の「SBDメールマガジン」のご紹介を致します。マンスリーカレンダーのプレゼント情報も併せてご覧下さい。

  • メールマガジンのご登録はこちらのフォームから
  • メールマガジンバックナンバーはこちらから
メールマガジン最新号サンプル

皆さん、こんにちは。

 『先週日曜日は何してた?』
って聞かれると、都知事選の開票結果を見てた。となりますが、その一方で、
将棋の藤井聡太四段が30連勝成るかどうか、どうも気になって仕方ありま
せんでした。

 残念ながら30連勝は成りませんでしたが、人間同士の戦いで白熱するのも
そう長くないようです。ご存知の通り、5月には囲碁AI「AlphaGo」と人類最強
といわれる棋士・柯潔の3番勝負の初戦で、AlphaGoが勝利を収めたそうで、今後
はAI将棋やAI囲碁同士が火花を散らせる時代に変わっていくのでしょうか?

 コンピューターが人間よりも優る世界は、いろいろな所で見られますが、製造
業のものづくりの現場に導入されている、「生産管理」のソフトもその一つです。
市場の需要予測から、生産量を決定し、購買の材料購入から製造、出荷までを自
動的に計画し、実績差と比較しながら最適化を狙うソフトウェアで、広く現場で
使われています。

 ところが、「設計管理」はどうでしょうか?
 
 設計の世界にも、市場調査や要件定義、市場から購入する部品の検証、CAE
による性能検証、試作品での検証など多くのステップが入り込み、それを決めら
れたリソースと期間で進めなければなりませんが、その管理手法が中々進歩して
いません。

 十年後には、ほとんどのホワイトカラーの仕事はAIにとって代わられると言
われている中、どうして設計の管理、自動化は進まないのでしょうか?

 この課題を解く上で良いヒントに成るのが、ソリッドワークス社主催で
7月20日開催の「3DCADx設計プロセス改善セミナー」です。

 基調講演は、「設計手順の最適化と管理手法」と題して、プロセス設計塾の
西本明弘様がお話してくれます。この方は、三菱自動車で小型自動車の設計を
経験された後、IBMで設計の見える化や分析が効率的に行える、デザイン・
ストラクチャー・マトリクスDSMの手法を日本に導入しました。 
通常は5万円程度のセミナーを、ぎゅっと65分に凝縮してお話されるようです。
私も、1時間ほどレクチャーを受けましたが、とても分かりやすい内容でした。
西本様について→ https://www.monodukuri.com/specialists/profile/151

 セミナーのお申し込みは、ソリッドワークス社のサイトからになります。
会場がスウェーデン大使館で定員が少ないため、定員に達し次第締め切らせて
いただきます。あと、30名程度で締め切りますので、どうぞお早目にお申込み
ください。
お申込み→http://cad.weblike.jp/3d-solidworks/2017semi/MKTG170720/detail.html

当日は、スウェーデン製自動設計ツール「TactonDesign Automation」のお披露目も
あります。是非とも、足をお運びください。


          

[ 2017.07.06 from T.Sumiya ]

┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【諸々】ひろこの部屋 シーズン5 Vol.1 - 貫通穴の個数
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 こんにちは、ひろこです。久しぶりにこの位置に戻ってまいりました。
2005年1月に「ひろこの部屋」を命名しマイナーチェンジ4回を経て今回
シリーズ第5弾です。今までは構造解析を中心にお届けしていましたが、
本シリーズでは幅広い解析情報をお届けしたいと思います。

 大学時代の研究で位相幾何学(トポロジー)を専攻しました。トポロ
ジーでは「ちぎる」、「くっつける」という動作をさせず空間上でぐ
にゃぐにゃ変形させてできる形状はすべて同じという考え方があります。
例えばドーナツと取っ手のあるマグカップは同じでボールは別となります。
つまり形状の貫通穴の数が肝となります。

・・・と偉そうに説明しましたが、個人的にはこの発想に違和感を残した
まま卒業しました。

 時は流れ昨年のこと、Eテレのミミクリーズという番組で「トポロジー
のうた」というものに遭遇しました。キャッチーな歌にのせて様々な形
状が変形しマグカップはドーナツに、ズボンは8の字に変化します。
こんな映像を観て子供はさぞかし衝撃を受けたことだろうと思ったら、
小学生の娘はトポロジーの発想をすんなり受け入れ楽しんでいました。
恐るべし子供の柔軟性。

 さらに二度目の育児休暇を経て復職すると職場にもいました「トポロジー」。
多方面から同じ言葉を聞くとはトポロジーブームでしょうか!?
大学時代、もっと真剣に勉強しておくべきでした。

 最後に職場で出会ったトポロジーの紹介です。
こちらは構造最適化 Hirameki Works のトポロジー最適化のことです。
トポロジーつまり形状の穴の数を変化させ最適な形状を探索します。
例えば鉄板を金網に変化させるようなことができます。
また、トポロジーを変えないつまり穴を増やさない形状最適化も可能です。
さすがにマグカップを設計していてドーナツになったら困りますが、そこ
は形状拘束の機能があるのでご安心ください。

 おまけ。
トポロジー好きな私の娘の名前、下のコラム担当者のPNと同じなんです。
そんな母娘(?)共演の構造談議を30分WEB放送いたします。
娘のコラムから見つけられた人限定で配信します。分かりますか?


[ 2017.07.06 from H.Horiuchi ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【構造】ミサキの構造入門シリーズ Vo1.18 - 「挑戦の夏」
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆様!こんにちは!
構造解析エンジニア ミサキです。

夏がやってきますね~!毎年ウキウキする時期ですね。
海や川へ行き、ビアガーデンや花火など楽しい計画が盛りだくさんです。

中でも、今年は富士山登山に挑戦する予定でトレーニングを積んでいます。
山小屋を予約し、友人と練習登山の計画を立て、地道に取り組んでおります。

皆様もなにか目標を立てて、是非挑戦の夏にされてはいかがでしょうか!

さて話は変わり、SOLIDWORKS Simlationユーザーの皆様、静解析の範囲での使用で、
満足してしまっていませんか?

そもそも静解析の範囲でも本当に正しく使えているのでしょうか?

せっかくSOLIDWORKS Simlationがあるなら、静解析以外の固有値や熱、疲労、動解析、
非線形解析など実施してみませんか?

また、有限要素法をおさらいして、今のメッシュ選定や解析結果の評価法が正しいのか、
確認したいと思いませんか?

こんなことを叶える『本当によくわかる!構造解析全テーマ活用セミナーwith最適化』
8/1東京、8/4名古屋、8/23大阪にて、実施いたします!

こちらは半日で、構造解析の基礎(有限要素法からメッシュ選定、解析結果評価法など)
から熱伝導・固有値・疲労・動解析・非線形解析、果ては、構造最適化まで学んでいた
だける充実のセミナーです。

この内容を習得していただければ、製品の熱問題、疲労破壊、振動問題を避ける設計を
実現し製品品質を向上させることが可能になります。

また、非線形解析ができるようになれば、扱える材料(実は世の中の材料の8割は
非線形材料なんです)や扱える現象(大変形問題や接触問題)が大幅に広がります!

加えて、構造最適化の理論にまで踏み込む予定ですので、製品の剛性を考慮しつつ、
軽量化したい皆様に必ず役立つ内容を含んでおります。

詳細やお申し込みはこちらから→http://www.sbd.jp/news/_with.shtml

本セミナーの内容の一部を抜粋して無料で受講していただるWEBセミナーを来週7/13に
実施いたしますので、内容お試しされたい方上記WEBよりお申し込みください!

SOLIDWORKS Simlationユーザーの皆様!このセミナーを通して、新たな構造解析に
挑戦する夏にしていきましょう!

皆様のご参加お待ちしております!
また次回!

 

[ 2017.07.06 from ミサキ ]

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.439 - 自作の時代
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

Tachimasaです。今回は、昔話を少々。

CAEを初めた頃、まだPCの能力が低く、一晩以上計算することはザラにありました。
でも、当時はintelとAMDがCPUの開発競争をしており、CPUの性能がどんどん向上
しておりました。
年々計算が早くなっていき、とっても幸せだったのを覚えています。
AMDのOpteronというCPUは相当速くて、多くのワークステーションに採用されてい
ました。また、自作PCも大変流行っていました。
今は状況が一変してしまって、 intel一択。 Core i7かXeonでなければ、計算用の
CPUにあらずという感じでワークステーションのCPUはほぼintelが独占しています。
またPCの自作派もほぼ消滅。

ところが最近、AMDのRyzenというCPUが注目を集めています。
計算が速く、コストパフォーマンスも良いといい事ずくめで俄然興味が湧いてき
ました。更に16コアCPUの「Ryzen Threadripper」も発表されましたね。並列派に
も嬉しいニュースです。
intelも負けじと、18コア/36スレッドのCore i9-7980XEを発表しました。

久しぶりのintel対AMDの競争で、楽しみな予感。また、自作でもしてみるかな。


 

[ 2017.07.06 from Tachimasa ]


┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017.07.06 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────────
──────────────────────────────────
◆無料セミナー◆
◇IoT時代にものづくり現場力底上げを担う!
 ものづくり現場の「事実情報」共有・活用の実現にむけて◇
 日時:2017年7月19日(水)13:15-17:30
 会場:構造計画研究所
 https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/1754

◇【名古屋開催】PTC Creoユーザーのための熱流体・構造連成解析体験セミナー◇
 構造解析ツールCreo Simulateと熱流体解析ツール FloEFD for Creoの連成解析の操作が
 体験できます。
 日時:2017年7月19日(水)13:30~17:00
 場所:構造計画研究所 名古屋支社
 http://www.sbd.jp/news/ptc_creo_1.shtml

◇設計効率化の第一歩!
 3DCAD×設計プロセス改善セミナー
 日時:2017年7月20日(木)13:00~17:00
 会場:スウェーデン大使館
http://cad.weblike.jp/3d-solidworks/2017semi/MKTG170720/detail.html

◇マルチフィジックス シミュレーションセミナー◇
~複数の物理現象が複雑に絡み合う世界に挑む~
 日時:2017年8月22日(火)13:30~17:00(受付開始13:00~)
 会場:構造計画研究所
 http://www.sbd.jp/news/multiphysics.shtml

◆有償セミナー◆
◇本当によくわかる!構造解析全テーマ活用セミナーwith最適化◇
 ~SOLIDWORKSで設計品質を劇的に上げる~
 半日で構造解析の基礎理論から各解析テーマの設計への活用法、
 構造最適化まで幅広く学べる充実のセミナーです。
【東 京】 2017年08月01日(火)13:00~17:30
【名古屋】 2017年08月04日(金)13:00~17:30
【大 阪】 2017年08月23日(水)13:00~17:30
 http://www.sbd.jp/news/_with.shtml

◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1回目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2回目)
 ■設計、検証実習編(3回目)
東京・大阪・名古屋 で開催しております。
 詳細は↓ここから 
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆Webセミナー◆
◇お試し無料!構造解析全テーマ活用セミナー◇
 構造解析全テーマ活用セミナー良さそうだけど申し込もうか迷う・・
 そんなあなたの為にお試し無料Webセミナーを実施いたします。
 日時:2017年7月13日(木) 14:30~15:00
 http://www.sbd.jp/news/_with.shtml

◆定例セミナー(有償座学)◆
◇設計者のための熱流体解析入門トレーニング(流体・熱編)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方
 熱流体解析を学んでみませんか?
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9Ll

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 構造最適化セッションが追加されました。
 http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml


         

[ 2017.07.06 from KURODA ]

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
久々【ひろこの部屋】いかがでしたでしょうか?!「トポロジーのうた」
聞いてみました!想像力をかきたてる踊りと映像(笑)子供向けの歌にして
しまうなんて斬新です。 想像力をかきたてると言えば、もう1つ
【3DCAD×設計プロセス改善セミナー】会場のスウェーデン大使館!!
行ってみたい!入っていたい!行こう!!!!と思っています!

       

[ 2017.07.06 from KURODA ]


*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/


### SBDプロダクト ###
○SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
○SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
○EMS ------------------------------------------電磁界解析
○FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
○FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
○Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
○TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール
○HiramekiWorks---------------------------------トポロジー最適化・ 形状最適化
○iGRAF-----------------------------------------粉体・混相流シミュレーション

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp 

 

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

おしえて い・ろ・は 最新情報

【熱流体 Q&A】030 2014.10.09 「ユーザ会では熱設計力向上トラックへ!」

【構造Q&A】029 2014.10.02 「接触可視化」

詳細・その他のバックナンバーはこちら

マンスリーカレンダープレゼント

New!!
2017年07月のデスクトップフォトカレンダー
撮影者からのコメント

憩う
   静かに開くハスで一休み、、、
   蓮田にそよぐ朝の風邪が心地よい

2017年07月のデスクトップフォトカレンダー
今までのカレンダーをご紹介


ページトップへ戻る