本文へジャンプ

ホーム > 製品 > 粒子法解析ソフト一覧 > Particleworks for SOLIDWORKS

Particleworks for SOLIDWORKS

フロントローディングCAEであるParticleworks for SOLIDWORKSは、液体の飛沫、攪拌、噴射など、大変形を伴う自由表面の流体解析を行うことができます。SOLIDWORKSで作成した形状を直接利用することができます。


 最新情報

【Ver.up】Particleworks for SOLIDWORKS を2019/1/18にリリース)


Particleworks for SOLIDWORKSの特徴

 1. SOLIDWORKSアドイン

SOLIDWORKS上で解析することができます。

 2. メッシュ生成不要

煩雑なメッシュ生成作業が必要ありません。

 3. 撹拌や噴射などの解析が容易に可能

液体の大変形を伴う流体現象を計算することができます。

主な解析テーマ

攪拌(食品、化学、製薬など)

噴射

GUI

SOLIDWORKSにて作成したCAD形状をそのまま使用可能!

SOLIDWORKSのGUI上にてパラメータを設定可能!

SOLIDWORKSのモーションスタディの設定を利用可能!

SOLIDWORKS上で様々な結果の評価が可能!

格子法(SOLIDWORKS Flow Simulation) vs 粒子法(Particleworks for SOLIDWORKS)

- 格子法(SOLIDWORKS Flow Simulation) 粒子法(Particleworks for SOLIDWORKS)
流れ ノズル内部・閉空間 ノズル外部・自由表面流れ
定常性 定常(非定常) 非定常
流体 気体・液体 液体
混相 気体同士/液体同士 複数液体
圧縮性 高圧・圧縮性も可能 非圧縮

SOLIDWORKSFlow Simulation とParticleworksfor SOLIDWORKSの二つを用いることが広がります!

ParticleworksとParticlworks for SOLIDWORKSの比較

機能一覧

物理モデル/解析手法
解析モデル ニュートン液体(パワーロー)
圧力項解法 陰解法、圧力振動抑制
粘性項解法 陽解法/陰解法
乱流モデル LES+壁関数
表面張力モデル ポテンシャルモデル
外力 一定の加速度(重力)

※圧力項解法はStabilizedのみ、外力の向きと大きさの設定は不可。


そのほかの機能詳細
解析条件設定 時間刻みの自動設定、形状もデルの粒子化・ポリゴン壁作成、形状の作成・修正・削除、流入境界、形状の運動の計算(モーションスタディ)
ポスト出力 粒子のコンター表示(速度、圧力、位置)、アニメーション表示、指定領域粒子の抽出、壁にかかる力・トルク出力、流体表面の抽出(CG処理)
OS Windows7, Windows10
SOLIDWORKS 2017, 2018,2019 SP4.0

この製品の関連セミナーをご紹介します。


ページトップへ戻る