本文へジャンプ

ホーム > 製品 > 熱流体解析ソフト一覧 > 粉体シミュレーションソフトウェア|iGRAF(アイグラフ)

粉体シミュレーションソフトウェア|iGRAF(アイグラフ)

iGRAF_title.jpg

iGRAF(アイグラフ)は、解析経験のない方でも簡単に操作できる粉体シミュレーションソフトウェアです。iGRAFで結果を可視化することにより、偏析や混合不良といったトラブルを未然に防げるため、試験回数を大幅に削減できます。また、iGRAFには粗視化モデルが搭載されているため、計算時間を劇的に短縮できます。

適用分野

iGRAFによる粉体解析は、下記の分野に適用できます。

application.JPG

解析事例

iGRAFは、様々なテーマを解析することができます。(流動層・二軸混練機は画像をクリックすると動画ページへ移動します。)

粉体シミュレーション

スクリュー搬送 金型充填 ふるい
screw.JPG diefilling.JPG sieve.JPG

混相流シミュレーション

流動層 サイクロン 二軸混練機
fluidizedbed.jpg cyclone.JPG twinscrew_kneader.JPG

iGRAFの特徴

1台のワークステーションで大規模粉体シミュレーションを実現!

iGRAFでは、小さな粉を大きな粉で置き換えるDEM粗視化モデルや、粉体・流体のマルチコア並列計算技術が搭載されています。これらの技術により、1台のワークステーションで粒子数1億個レベルのシミュレーションが可能になります。

剛体や流体のメッシュ生成の手間が不要!

粉体に対する壁面モデリングとして、符号付距離関数(Signed Distance Function:SDF)を採用しています。SDFでは剛体をメッシュを使わずに認識することができ、ユーザーの手間は剛体の解像度を入力するだけです。

流体に対する壁面モデリングとして、埋め込み境界法(Immersed Boundary Method:IBM)を採用しています。IBMでは均一な直交メッシュで計算できるため、メッシュの大きさや形状を指定する必要ありません。ユーザーの手間は計算領域内の各軸方向の格子の数を入力するだけです。

シンプルなインターフェースにより、解析業務の効率化を実現!

従来の粉体シミュレーションは、解析専任者により行われることがほとんどでした。iGRAFではSOLIDWORKSで解析条件の設定ができ、設定の流れをできるだけシンプルにしているため、設計者でも高度な粉体シミュレーションを実施できます。

iGRAF_GUI1.jpg

ポストプロセッサはフリーソフトのParaviewを使用します。 Paraviewでは、粉体粒子の速度分布や流体の速度コンター図、速度ベクトル図を簡単に出力することができます。また、解析動画をaviファイルに出力することもできます。

iGRAF_result.jpg

解析機能・動作環境はこちら

全社WEBサイトはこちら

関連セミナー「iGRAF 製品紹介&体験セミナー」はこちら




ページトップへ戻る