本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2002年の一覧 > Vol.56「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

メールマガジンバックナンバー Vol.56
「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2002-10-31<Thu> [Vol.56]

┃S.B.D. MAIL MAGAZINE  2002-10-31[Vol.56]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.  http://www.kke.co.jp/sbd


◇◆◇◆◇◆「第5回関西設計・製造ソリューション展」のご案内◆◇◆◇◆

製造業界向け西日本最大の展示会 「第5回関西設計・製造ソリューション展」
に出展致します。今後の製造業の新製品の開発において、コストダウン、品質
向上、設計生産性向上のカギを握るSBD(Simulation Based Design)コンセプト
の各種設計者向けCAEを実際にご覧頂くチャンスです。ぜひ、ご来場ください。

======================= 開 催 日 時 ==================================
日時:2002年11月13日(水)~11月15日(金)
場所:インテックス大阪  http://www.reedexpo.co.jp/dmsk/jp/
-----------------------------------------------------------------------
<出展ブース等ご案内> http://www.kke.co.jp/sbd
-----------------------------------------------------------------------
1、ブースNo.<B-136> CAD/CAMゾーン(4号館入口すぐ左側)
構造計画研究所&ソリッドワークスジャパン&コスモスジャパンの共同
ブースにて弊社、取扱いの設計者向けCAEツールを全て展示致します。
2、ブースNo.<B-148> CAD/CAMゾーン(4号館入口すぐ右側)
autodesk関連各社協賛ブースにてInventor Series連動型の
設計者向けCAEツールを展示致します。
3、技術セミナ11月14日(木)15:30-16:30 併設セミナールーム<無料>
SolidWorksを活用したユーザ事例、ソリューションのご紹介
機構シミュレーションCOSMOMOTION、熱流体シミュレーション
COSMOSFLOWORKSを中心としたユーザー様の事例を紹介させて頂きます。
-----------------------------------------------------------------------
※当日は、ご招待券がございませんと入場料(\5,000)が必要となります。
ご招待券が必要な場合は、ご遠慮なくお申し付けください。
=======================================================================


◇◆今週のニュース
  ●ユーザー事例発表~CTC共同セミナーにて~

◇◆今週のチップス&トリックス
  ●「COSMOSMOTION」・「MSC.DDM」の3D接触機能について

◇◆SBD製品の開発元から~COSMOS/Japan 大澤様
  ●第4回 ~これからのCOSMOS~

◇◆構造解析よもやま話 NO.36
  ●キーワード:大変形問題(6):座屈

◇◆イベント情報
  ●~COSMOS製品体験セミナー~ 他

......................................................................................................

  ●どこへ行った緊張感?

プロ野球ファンの方は今年の日本シリーズをご覧になったでしょうか?巨人
ファンの私としては余裕の観戦をしていたのですが、あまりにあっけなく終
わってしまったという印象が強く、物足りなささえ感じてしまいました。

以前は不景気の年でもジャイアンツが優勝すると、それが起爆剤となって景気
が上向いていくこともあったのですが、今年はどうでしょうか?今回は景気と
の関係はほとんど感じられないようですが、ひとつには日本シリーズで感じた
ようにレギュラーシーズンにおいても圧倒的な強さで優勝してしまい、いまひ
とつ盛り上がりに欠けたというか緊張感がなかったからかもしれません。選手
からも緊迫感が感じられませんでしたし。

何となく始まってだらだらと続いてあっけなく終わってしまった今シリーズに
今の日本経済の現状がダブって見えたのは私だけではないような気がします。。。

SBDメールマガジンはいつも緊張感をもって編集・発行していますので今週も
最後までお付き合いください!!

               [ 2002.10.31 from J.Ofuchi ]

... 今週のニュース ...........................................................................

  ●ユーザー事例発表~CTC共同セミナーにて~●

前回のメルマガでユーザー事例を各地で発表していきたいと書きました。先週
の火・木・金と3日間、それぞれ東京・大阪・名古屋でユーザー事例を発表し
てきました。今回は時間の都合もあって、

 ○日本ビクター 米光様
 『COSMOSMOTION(旧DDM)を使用したデジタルビデオの設計事例』
 ○電子機器メーカ E社 松本様
 『オープンバス規格シャーシにおける熱流体解析の適用事例』

以上の2例を発表させて頂きました。
今回もやはりお客の反応は良かったです。事例発表の後の質疑応答でも様々な
角度からの質問が飛び出して、大いに盛り上がりました。全体の集客は各地と
もに25名(計75名)ということで、合わせて設計者向けCAD・CAEの盛り上がり
を肌で感じた3日間でした。

11・12月はイベントが目白押しです。まだまだこれからも各地でこのようなユー
ザー事例を発表する機会を作っていこうと思います。これからのイベント情報
も要チェックです。

               [ 2002.10.31 from Y.Nobuka ]

... 今週のチップス&トリックス .........................................................

  ●「COSMOSMOTION」・「MSC.DDM」の3D接触機能について

今回は3D接触の機能について説明します。

「COSMOSMOTION」、「MSC.DDM」では接触の問題を扱う場合に「カーブ/カー
ブ接触」、「ポイント/カーブ接触」、「3D接触」の3つの接触を定義できま
す。「カーブ/カーブ接触」、「ポイント/カーブ接触」は部品と部品が接触
する軌道を平面上で特定できる場合に使用するため2D接触のようなイメージに
なります。

一方、「3D接触」は部品と部品が接触することによってその後の運動が決ま
っていくような場合に使用します。例としては衝突の問題などが挙げられます。
設定の方法は接触するパーツをそれぞれ選ぶだけなので非常に簡単です。衝突
部分(接触部分)については衝撃と摩擦のパラメータが設定可能です。衝撃に
ついてのパラメータ(剛性、指数、最大減衰係数、くい込み、反発係数)や摩
擦についてのパラメータ(静摩擦係数、静摩擦速度、動摩擦係数、動摩擦速度)
は部品に設定されているマテリアルにより決まります。(変更することも可能
です。)

実際の接触の問題についてはこららのパラメータの値を変更することもありえ
ますので、いかにうまく与えるかがポイントになります。3D接触は接触す
る部品を選ぶだけで設定出来るので非常に直感的に使えますが接触する箇所す
べてについて計算するため計算時間は「カーブ/カーブ接触」、「ポイント/
カーブ接触」などよりもかかる傾向にあります。

また、コンピュータのスペックも要求されます。多くの部品が複雑に接触する
ような問題では想像以上に計算時間がかかる場合もありえますので、問題とな
る部分を出来るだけシンプルなモデルとして切り出し、その中で評価の基準を
決める工夫も必要でしょう。

次回は「カーブ/カーブ接触」の機能についてご紹介します。

               [ 2002.10.31 from K.Taguchi ]

... SBD製品の開発元から.....................................................................

先週に引き続き株式会社コスモスジャパン 大澤美保様にご執筆いただいてお
ります。今回で最終回です。

  ●第4回 ~これからのCOSMOS~

この秋、米国では、COSMOSWORKS2003がリリースされる。主な機能拡張部分を
ご紹介すると

-H-アダプティブ法の採用
-メッシュ分割できなかった場合の再アプローチ機能
-複数スタディのバッチ処理機能
-パラメトリック機能(各種境界条件に関する)
-SolidWorksプロパティマネージャーとのリンク
-結果表示機能に関する10項目以上の機能拡張

一度でもCOSMOSWORKSを使用したことのある読者であれば、「これが欲しかっ
た!」と願望していた機能が、続々と搭載されていることに気付くであろう。
自動メッシュに失敗すれば、COSMOSWORKSが勝手にトライ&エラーを繰り返し、
再メッシュを施してくれる。解析結果の精度に疑問があれば、自分の信じる
「誤差精度」を指定して計算もできるようになる。さらにグレードアップされ
た結果処理機能により、一番高い応力値を持つ位置が一目瞭然となり、おまけ
にSolidWorksのeDrawings機能で、SolidWorksデータと共にインターネットを
介して解析結果検討もできるようになる。これこそ、「製造業のIT化の理想」
を具現化する第一歩なのかもしれない。

この連載の最初に「CAEが難しいといわれる理由」を話題にした。どんなアプ
リケーションにも使用上の「難しさ」があり、「提供する側」と「使用する側」
でその認識が異なるのも事実だと思う。「提供者」として「簡単操作」をア
ピールしても、「誰が使用しても同じ答にならなければ、結局使えないではな
いか」という「使用者」の声も聞こえてくる。ならば、誰もが簡単に操作でき
てしまって、同じ答も得られた時、エンジニアとしてのあなたの存在(価値)
は、いったいどこにあるのだろか? 将来、CAEは、「解析機能」として、CAD
に100%統合され、リブをつけたり、フィレットをつけたりする機能と同様、
CADの一機能となる日がやってくるかもしれない(既に、SolidWorks2003では、
COSMOSXpress機能が搭載された)。その時、あなたは、技術を継承していく
「エンジニア」になっているのだろうか?それとも、まだ「難しいCAE」にこだ
わっているのだろうか?

自社製品の自慢できるポイントをいくつ言えますか?「デザインCAE」は、目に
見えないモノを可視化することで、この質問に応えられるエンジニアリングス
キルを培うためのツールです。

               [ 2002.10.31 from M.Osawa ]

... 構造解析よもやま話 NO.36 .........................................................

  ●キーワード:大変形問題(6):座屈

板要素の面内張力による幾何学的剛性は、弾性剛性を増加させますが、圧縮力
に対しては幾何学的剛性は弾性剛性を減らします。幾何学的剛性を考慮して圧
縮力を増大させると、ある時点で部分的な要素の剛性が非常に小さくなり構造
的に不安定な状態になり、座屈します。

本稿ではMSC.Nastranユーザー用に作成した資料の草稿で「弾性座屈」の資料
をみていただきます。弾性座屈では座屈荷重と座屈モードがわかります。

ご興味のある方は、以下をご覧ください。
 http://www3.kke.co.jp/msc_kozocae/MN4W_senkeizakutu.pdf

               [ 2002.10.31 from MSC技術室 K.M ]
バックナンバー
  http://www3.kke.co.jp/msc_kozocae/kozo_ym.pdf

... イベント情報 ...........................................................................

●~COSMOS製品体験セミナー~●
[日時]11月6日(水)東京
   11月25日(月)大阪
各13:00-17:00
[会場]構造計画研究所 セミナールーム(東京、大阪)
->COSMOS製品3プロダクト(構造解析、機構解析、流体解析)をご紹介・体験で
きます。
[費用] 無料(要事前申込み)
[詳細・お申込み]http://www3.kke.co.jp/sbd/event/2002/csmho/index.htm

●~MSC体験セミナー~●
 東京会場 11月27日(水)
 大阪会場 11月20日(水)
[詳細]http://www3.kke.co.jp/cae/taiken/home.htm
->例題を用いた、visualNastran for Window またはvisualNastran 4Dの無料体験セミ
ナー。

●~機構解析ツール・無料体験セミナー~●
[主催](株)イマオコーポレーション 《岐阜県》
[使用ツール] MSC.Dynamic Designer Motion (Inventor版)
      COSMOSMOTION (SolidWorks版)
[日時]11月27日(水) 13:00~16:30
[費用] 無料
[会場] インフォマックスCAD研修センター
[申込] http://www.imao.co.jp/imc/training-curr.html#cae-t

●~SolidWorksユーザ会2002~●
[名称]SolidWorks Solution World 2002
[日時]11月8日(金)10:00~18:00
[会場]目黒雅叙園
[参加費]無料
[詳細・お申込み]http://www.solidworks.co.jp/swsw

●~DMSK~●
[名称]関西設計・製造ソリューション展
[日時]11月13(水)~15日(金)
[会場]インテックス大阪
[詳細・お申込み]http://www.reedexpo.co.jp/dmsk/jp/
->全SBD製品の紹介。

●~ANSYSユーザ会~●
[名称]2002 Japan ANSYS Conference
[日時]11月21(木)~22日(金)
[会場]池袋ホテルメトロポリタン
[参加費]無料
[詳細・お申込み]http://www.cybernet.co.jp/ansys/conference/

●~COSMOSユーザ会~●
[名称]COSMOSユーザーコンファレンス2002
[日時]2002年12月6日(金) 10:00~19:00
[会場]東京コンファレンスセンター
[参加費]無料
[詳細・お申込み]http://www.cosmosj.com/information/cuc.htm

               [ 2002.10.31 from E.Kawamura ]

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

  ●編集後記
学生の時の友達と話していると、それぞれその職場にそまっているなぁと感じ
ることがあります。公務員になった友達の「民間に就職した」という言い方は、
会社員の私からすると少し新鮮に聞こえました。

               [ 2002.10.31 from M.Shinohara ]

 ◇◆このメールマガジンについて◇◆
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www3.kke.co.jp/sbd/magazine/introduction.htm
 ○ご意見・ご感想
 mailto:sbdmgz@kke.co.jp

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 東京都中野区本町4-38-13 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www3.kke.co.jp/sbd/home.htm
 発行責任者:角家強志 編集担当:篠原美奈
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴




ページトップへ戻る