本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2002年の一覧 > Vol.54「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

メールマガジンバックナンバー Vol.54
「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2002-10-17<Thu> [Vol.54]

┃S.B.D. MAIL MAGAZINE  2002-10-17[Vol.54]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.  http://www.kke.co.jp/sbd

■□■□■□■□■□■□■□ いよいよ明日です! ■□■□■□■□■□■□■□

----------------------------------------------------------------------------
■□設計者CAEのユーザー事例紹介---KKE Vision(10/18 ロイヤルパーク)□■
日本ビクター『COSMOSMOTION(旧DDM)を使用したデジタルビデオの設計事例』
三洋電機空調『COSMOSFLOWORKSを使用した家庭用エアコンの室内気流解析』
長野ケンウッド『3D 設計における Moldflow の活用』
電子機器メーカ E社『オープンバス規格シャーシにおける熱流体解析の適用事例』

【参加無料・事前登録制】
基調講演は、『日本企業復活のヒント ボストンコンサルティング日本代表 
内田和成』、トラックBにて『CAE を活用した設計プロセス改革』
■事前登録は→ http://www.kke.co.jp/kkevision/■
----------------------------------------------------------------------------
■SolidWorks 2003 で加速する"デザイン CAE"--実現場での事例も紹介■
ソリッドワークス・ジャパン株式会社 マーケティング部 金谷 道雄 氏
10/18 13:00~ ロイヤルパークホテル(箱崎)KKE Vision トラックB
【参加無料・事前登録制】
■事前登録は→ http://www.kke.co.jp/kkevision/■
-----------------------------------------------------------------------PR---

■□■□■□■□■□■□■□ K K E V i s i o n ■□■□■□■□■□■□■□


◇◆今週のニュース
  ●読書効果

◇◆今週のチップス&トリックス
  ●拘束条件の無い、固有値解析

◇◆SBD製品の開発元から~COSMOS/Japan 大澤様
  ●第2回 ~プリ/ポストプロセッサの存在~

◇◆イベント情報
  ●いよいよ明日、金曜日です!KKE VISION 2002、他

......................................................................................................

ある人から聞いた話ですが、解析の専門家には2通りあるが、いずれもハッピー
ではないのだそうです。

1つめは、設計現場から遊離した解析専門家。設計経験が少ないので境界条件な
どが現実的でなく解析結果を設計に活かしきれない。例えば、離散化誤差を少な
くするために極端に小さなメッシュを作成している割りには、境界条件として与
える荷重や流速が全くいい加減だったり。そんな人ばかりが解析チームに集まっ
ていると、そのうちにコストばかりかかって設計に役立たないことが判明して、
部隊が消滅していくのだそうです。

もう一つは、現場のことを良く知っていて、あるいは現場と密に連絡を取り合っ
て解析を設計に活かしている専門家。こちらは、解析をやっているうちに、一般
の設計者よりも製品のことを理解できるようになってきて、一人で製品やプラン
トを作れるようになってしまいます。すると、解析部隊に居るよりも設計部隊に
連れてきた方が役に立つと言うことで、解析部隊から引き抜かれるのだそうです。
そして、その方が居なくなった後の解析部隊は、やはり1つめのタイプのように、
現場に役に立たない解析を続けて消滅していくのだそうです。

なんとも悲しい話ですが、解析を設計に活かそうとしたら、解析部隊などという
ものは作ってはいけないということでしょうか?設計者が自分でやれるようにな
らなければ設計の役には立たないということでしょう。
解析部隊を作るとしたら、設計者が自ら解析ツールを使えるようになるように、
教育・支援していくのがミッションとなるのでしょう。

               [ 2002.10.17 from T.Sumiya ]

... 今週のニュース ...........................................................................

  ●読書効果

今週はいつもと趣向を変えた話題をとりあげてみます。

今年八月ある実験が行われました。小学生10人に童話を2分間、声に出して読
ませて記憶力テストを行う。すると、本を読んだ後では、テスト前に何もしな
かった時よりも、テストの成績が1-2割アップするという結果が出た。

実験を行ったのは東北大学未来科学技術共同研究センターの川島隆太教授(脳
外科)。川島教授は「fMRI(機能的核磁気共鳴映像)」装置などを使った脳研
究を10年以上続けてきた。学生たちに「あすの予定を考える」「トランプゲー
ムをする」「本を読む」など100種類以上の課題に取り組んでもらい、fMRIで
脳内の磁場の微妙な変化を見た。脳の働いている部分は画面に赤く映し出され
る。その結果、驚くほど広範囲に赤が広がったのが「本を読む」時だった。

川島教授は読書についてこう説明する。「本を読むと『前頭前野』という脳の
前部が強く活性化される。ここは注意力やコミュニケーションなどを担う部位
なので、鍛えれば注意力が増し、情緒豊かになる」

経験として語られてきた読書の効果が科学によって解明されつつあるようです。
考えてみると、わたしは社会人になってから活字に触れる機会が増えました。
それは社会のこと、会社のこと、仕事のことについて勉強するための実用書で
あったり、業界新聞であったりします。他社の人間と接するにあたり幅広い知
識を持っておくようにしようと思い、今まで読まなかったようなジャンルの小
説なども読むようになりました。気のせいかも知れませんが、社会人になって
からのほうが学生時代よりも集中力がついたような気はします。頭が良くなっ
たかは非常に疑わしいですが.....。

人間というものは、自分の実感として理解できない限り、その現象を信じるこ
とが難しいと思います。読書をしたからといって、脳が活性化しているという
実感を持てなければ、誰が自信を持って「読書をすれば脳が活性化する」と言
えるでしょうか。読書の効果を信じようとする時の一つの指標として科学によっ
て効果が証明されることはよいことなのでしょう。もちろん経験則として、お
ばあちゃんの知恵袋による理解というものも大切で素晴らしいことだと思いま
す。

そういえば、おばあちゃんの知恵袋のような「知恵」が科学によって証明され
るというニュースはよく聞くような気がします。卑近な例で言えば、お客様に
何かの商品を買っていただく時もこちらがどれだけ「お役に立ちます!」と叫
んだところでお客様自信がそう思わない限りはご購入には結びつかないでしょ
う。本当に役に立つ商品であるならば、情熱だけではなくお客様一人一人に
合わせた「情報の伝え方」が重要になってくるのだろうなあ、と今更ながらに
実感したわけです。

               [ 2002.10.17 from Y.Nobuka ]

... 今週のチップス&トリックス .........................................................

  ●拘束条件の無い、固有値解析

COSMOSWORKSのユーザーズガイド、4-11ページ(V7.0)に「FFEソルバは標準
設定で剛体モードを自動的に見つけますので、どんな拘束も設定する必要が有
りません」とあります。このように、COSMOSWORKSでは拘束条件無しの、その
モデル本来の固有値を求めることが出来ます。実際の製品には、拘束無しのも
のなど無いのでしょうが、この解析により、製品そのものの「変形し易さ」と
も言うべきものを把握することが出来ます。補強箇所等の参考としてご利用出
来るのではないでしょうか。

ただし、解析結果を見ると、ちょっと驚かれるかもしれません。1~6次まで
の固有値が、全て0.0(sec)と表示されるからです。これは、拘束をしないた
めに、6つの自由度方向(並進、回転の各X・Y・Z方向)に剛体モードが出
る為です。7次以降に表示されているものが、本来の1次~とご諒解下さい。

               [ 2002.10.17 from T.Iguchi ]

... SBD製品の開発元から.....................................................................

先週に引き続き株式会社コスモスジャパン 大澤美保様にご執筆いただいてお
ります。

  ●第2回 ~プリ/ポストプロセッサの存在~

COSMOS製品は、1982年に産声を上げた。SAP(と言って納得される読者もそう
多くないと思うのだが...)の流れをくむCOSMOSは、大型汎用機で稼動する、
いうなればカード読み込み型だった入力データを、端末機の画面上で入力でき
るようになった類のアプリケーションであった。

有限要素法プログラムと言えば、今で言うソルバそのものであり、もともとプ
リ/ポストプロセッサなどというお洒落なアプリケーションは存在しなかった。
節点番号を入力し、X座標値、Y座標値、Z座標値を入力、そして要素番号を入
力し、既に定義されている節点番号を順番に入力しながら、1つの要素を作成
する。それこそ、2次元図面を書きながら3次元化した構造物を描ける熟練エン
ジニアのように、解析者の頭の中のディスプレイに、1つ1つの要素が組み立
てられていく。

あのころ100個の要素を作ることがどんなに大変な作業だったことか。多くの
若い読者は、「俺達の若いころは......」と上司の経験談を既に耳にタコができ
るほど聞いていることが想像できる。解析対象物は、解析に相応しく、という
より、コンピュータリソースの節約のため少ない要素で解析を終わらせる必要
があった。数は少ないが、解析のポイントを表現する、いわゆる「モデル化」
作業が重要であり、正しく「モデル化」作業を行うのが「解析専任者」であり、
「解析専任者」が作ったモデルで計算した結果は、やはり「解析専任者」にし
か理解できなかった代物だったのではないか?という推測が成り立つ。

COSMOSはその後、ミニコンピュータ、EWSと徐々にダウンサイジングされ、
1986年、COSMOSに「M=マイクロ」の文字が追加されて、「PCで稼動する有限
要素法プログラム」として世界的に脚光を浴びることになった。モデル化を行
うプリプロセッサと、結果を虹色の等高線図で表示できるポストプロセッサを
搭載した近代的有限要素法プログラムの誕生である。(つづく)

                  [ 2002.10.17 from M.Osawa ]

... イベント情報 ...........................................................................

いよいよ明日、金曜日です!
  | | |
V V V
●~構造計画プライベートショー~●

[名称]KKE VISION 2002 
[主催](株)構造計画研究所
[日時]10月18日(金)
[費用] 無料
[会場] ロイヤルパークホテル バンケットフロア2、3階
[詳細HP] http://www.kke.co.jp/kkevision/
[資料請求・お問合せ]sbd@kke.co.jp
->機構・流体・プラスチック充填解析ソフトを用いたユーザ事例発表有り。
->COSMOSWORKS2003およびMOTION&FLOWROKS2003新機能発表。
->EFD.LabV3.0発表。
->RobotWorksV3.0発表。

●MSC体験セミナー●
 東京会場 10月23日(水)
 大阪会場 11月13日(水)
[詳細]http://www3.kke.co.jp/cae/taiken/home.htm
->例題を用いた、visualNastran for Window またはvisualNastran 4Dの無料体験セミ
ナー。

●~機構解析ツール・無料体験セミナー~●
[主催](株)イマオコーポレーション 《岐阜県》
[使用ツール] MSC.Dynamic Designer Motion (Inventor版)
       COSMOSMOTION (SolidWorks版)
[日時] 10月18日(金) 11月27日(水)
   各 13:00~16:30
[費用] 無料
[会場] インフォマックスCAD研修センター
[申込] http://www.imao.co.jp/imc/training-curr.html#cae-t

●~COSMOS/製品新機能紹介セミナー~●
[主催]伊藤忠テクノサイエンス(株)
[日時・会場]1) 東京;10月22日(火) CTC九段セミナールーム
      2) 大阪;10月24日(木) CTC大阪支店
      3) 名古屋;10月25日(金) CTC名古屋支店
[費用]無料
[資料請求・お問合せ]http://www.ctc-g.co.jp/ms/top_frm/whatnew_frm.htm
->COSMOS2003 新バージョンの機能と事例の紹介。

●~ADAMSユーザ会~●
[名称]MSC.ADAMS ユーザー・コンファレンス2002
[日時]10月21(月)~22日(火)
[会場]ホテル・センチュリー・ハイアット(新宿)
[詳細・お申込み]http://www.adams.co.jp/event/JUC2002/juc2002.html

●~COSMOS体験セミナー~●
[名称]SolidWorks完全統合CAEのCOSMOS製品体験セミナー
[日時] 東京 11月6日(水)13:00-17:00
大阪 11月25日(月)13:00-17:00
[会場]構造計画研究所 セミナールーム(東京、大阪)
[参加費]無料(事前申込み)
[詳細・お申込み]sbd@kke.co.jp
->SolidWorksに完全統合された環境で使える設計者CAE、COSMOS製品3プロダク
ト(構造解析、機構解析、流体解析)のご紹介と実機を用いての体験コーナー有
り。

●~MSC.Nastran Solution Day~●
[主催]エムエスシーソフトウエア株式会社
[費用] 無料
[会場] 東京・名古屋・大阪
[内容・申込] http://www3.kke.co.jp/msc/MSCNastran_Solution_Day.pdf

●~SolidWorksユーザ会2002~●
[名称]SolidWorks Solution World 2002
[日時]11月8日(金)10:00~18:00
[会場]目黒雅叙園
[参加費]無料
[詳細・お申込み]http://www.solidworks.co.jp/swsw

●~DMSK~●
[名称]関西設計・製造ソリューション展
[日時]11月13(水)~15日(金)
[会場]インテックス大阪
[詳細・お申込み]http://web.reedexpo.co.jp/dmsk/jp/
->全SBD製品の紹介。

●~ANSYSユーザ会~●
[名称]2002 Japan ANSYS Conference
[日時]11月21(木)~22日(金)
[会場]池袋ホテルメトロポリタン
[参加費]無料
[詳細・お申込み]http://www.cybernet.co.jp/ansys/conference/

●~COSMOSユーザ会~●
[名称]COSMOSユーザーコンファレンス2002
[日時]2002年12月6日(金) 10:00~19:00
[会場]東京コンファレンスセンター
[参加費]無料
[問合せ先](株)コスモスジャパン TEL 03-3518-2840

               [ 2002.10.17 from E.Kawamura ]

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

  ●編集後記
隣の家が柴犬を飼っています。いつも庭の垣根から、顔だけちょこんと出して
いてとてもかわいいです。賢い犬だと評判なんですが、私のことを見ると吠え
るので悲しいです。

               [ 2002.10.17 from M.Shinohara ]

 ◇◆このメールマガジンについて◇◆
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www3.kke.co.jp/sbd/magazine/introduction.htm
 ○ご意見・ご感想
 mailto:sbdmgz@kke.co.jp

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 東京都中野区本町4-38-13 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www3.kke.co.jp/sbd/home.htm
 発行責任者:角家強志 編集担当:篠原美奈
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴




ページトップへ戻る