本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2002年の一覧 > Vol.36「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

メールマガジンバックナンバー Vol.36
「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2002-05-30<Thu> [Vol.36]

=====================================================================
◆◆ S.B.D. MAIL MAGAZINE ◆◆.....2002-5-30[Vol.36]
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. .....http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm
=====================================================================
_[INDEX]______________________________________________________________
┃1┃SBD News
【構造解析】■ 技術情報 ■
* ボルト荷重について
【流体】■ FloWorks技術情報No.9 ■
* 定常流と非定常流
  【流体】■EFD. Lab 出荷開始!■
* 三次元CAD機能を搭載

┃2┃ロボットシミュレーターの世界へようこそ(連載) NO.3
* RobotWorksとロボットメーカー

┃3┃構造解析よもやま話(連載)NO.26
* 接触問題(1)

┃4┃イベント情報
* SBD製品を体験できるセミナー

______________________________________________________________________
■ ワールドカップ開幕 ■
いよいよ明日(31日)サーカーのワールドカップが始まりますね。今回は21世
紀最初の開催であることや2ヶ国(日韓)共同で開催することまた、アジアで
初の大会であることなど初めて尽くしで前評判はかなり盛り上がっているよう
です。

サッカーより野球観戦のほうが好きな私でも日本が出る試合くらいはテレビ観
戦で応援してみようかという気になっています。

ところでこの大会を開催することによる日韓両国にもたらす経済効果は数百億
から数千億円と予測するシンクタンクもあるようです。今のところわれわれに
は何の恩恵もないような気がするのですが。。。

何百か何千億かわかりませんがいったいそのお金はどこへいってしまったので
しょう?まあ、いずれにしても一ヶ月という長い期間ですので無事に終了でき
ることが一番の願いではないでしょうか。

会場へ応援に行かれる方もいらっしゃると思いますが、是非本場の選手のプレ
ーを堪能していただきたいと思います。また、あってはならないことですがフ
ーリガンなどの暴動によるパニックにはくれぐれも気をつけて楽しんできて下
さい。
               [ 2002.5.30 from J.Ofuchi ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃SBD News
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【構造解析】■ ボルト荷重について ■
設計者用構造解析ツールのDesignSpace及びCOSMOS/Worksにはボルト荷重なる
ものがあります。これは、部品に穴が開いており、そこにシャフトが挿入され
ている状況を想像して下さい。そして、荷重がシャフトを通じて穴の開いてい
る部品に伝わる場合に使用します。

普通に穴の内面に荷重をかけると、シャフトの裏側にも引張力が作用してしま
います。一般に、シャフトが当たっている面にのみ圧縮力を作用させるには、
2部品の接触問題として扱うか、面分割をして接触圧を近似的に定義するしか
ありません。

ボルト荷重とは、接触計算や面分割をすることなく、接触圧を2次関数で近似
し圧縮側の部分のみに分布させるというものです。穴周りの変形や応力を見る
場合には大変便利ですが、シャフト自身の変形による片当たりなどは見られな
いことに注意して下さい。また、穴から離れた角部の応力集中などに注目する
場合は、わざわざボルト荷重を使用しなくても良いということも言えます。

                [ 2002.5.30 from N.Sahashi ]

【流体】■ FloWorks技術情報 No.9 ~定常流と非定常流~ ■
今回は、定常流と非定常流に関してお話します。

流れの状態には、時間に依存せずある一定状態で流れる場合と時間に依存して
変化しながら流れる場合とがあります。前者を定常流と呼び、後者を非定常流
と呼び区別しています。

定常流は、境界条件(流入流速や壁面状態、発熱量など)が一定で時間によっ
て変化しない場合に発生します。実際の流れでは、常に一定の流れとなること
は、かなり困難ですが、数値解析を行うにあたっては、計算を簡略化するため
の仮定条件として、用いられることが多くあります。

非定常流は、境界条件(流入流速や発熱量など)が時間によって変化する流れ
で、時々刻々流れの状態が変化していきますので、数値解析を行う場合には、
その変化を評価できる時間ステップを設定して解析する必要があり、計算には
かなりの計算量を必要とします。

境界条件が一定の場合でも、流れの初期状態における過渡状態やレイノルズ数
が大きい場合の乱流のように渦の影響よって、周期的に変動する流れになる場
合がありますが、このような過渡状態や周期変動状態を評価するためには、時
間変動を考慮した解析とする必要があります。

FloWorksで非定常解析を行う場合、設定された境界条件や分割された計算メッ
シュに合わせて、自動的に時間間隔を設定し計算を行いますので、安定した計
算を行うことができます。
                [ 2002.5.30 from N.Takashima ]

【流体】■EFD. Lab 出荷開始!■
汎用熱流体解析ソフトウェア「EFD. Lab」を6月1日より出荷開始します。
当製品は、おなじみ流体解析ツール「FloWorks」の開発元、NIKA GmbH社(独)
が「FloWorks PE」に三次元CAD機能を搭載させたソフトです。

EFD(Engineering Fluid Dynamics/設計用流体力学)とは、従来の解析専門家
向けComputational Fluid Dynamics(数値流体力学)とは別のアプローチで、
流体の専門知識を介さずに、三次元形状を作成するだけで簡単に解析ができる
手法です。

FloWorksはSolidWorks上で稼動しますが、EFD. Labはスタンドアローンで動作
するので、これまでFloWorksの機能に惹かれながらもSolidWorksをお持ちでな
いために導入を見送られた方々でも、これだけで設計の流体解析ができます。

出荷まであと1日。現在は日本語化の作業中ですので当面は英語版での出荷と
なりますが、 6月下旬頃には日本語版EFD. Labをお届けできるようにスタッフ
が日々格闘しております。

只今キャンペーン販売中!
価格等、詳細は、http://www3.kke.co.jp/sbd/efdlabまたはsbd@kke.co.jpまで。

                [ 2002.5.30 from E.Kawamura ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ロボットシミュレーターの世界へようこそ(連載) NO.3
   * RobotWorksとロボットメーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RobotWorksのようなロボットシミュレーターの主な目的は、①適用検討(ロボ
ットをどの位置に配置したらよいかが分かる)、②オフラインティーチング
(ロボットをコントロールするためのデータを作成できる)、ということはす
でにお伝えしました。今回は②のオフラインティーチングにフォーカスします。

各ロボットメーカーはそれぞれ独自のデータファイル形式を持っているので、
ロボットシミュレーターが実際にシミュレーションを終えロボットをコントロ
ールするデータを出力しても、これらに対応していなければ意味がありません。

RobotWorksでは現在、以下の6社のロボットメーカーおよびそのファイル形式
に対応しています:

ファナック:PE(LS)
川崎重工:AS
安川電機(Motoman):JBI
ABB:PRG
Kuka:SRC
Staubli:LC

※すでにRobotWorksでライブラリ化されている各メーカーのロボット型番リス
ト等をお知りになりたい方は別途ご連絡ください。

また、ファイル形式とは別に、それぞれのロボットメーカーは異なるキネマテ
ィクスモデルを持っており、アルファ-ベータ-ガンマの順序を持つ固定X-Y-Z
システムやヨー-ピッチ-ロールと呼ばれる角度を持つオイラー角ZYZシステム
などさまざまなシステムが存在します。

RobotWorksでは合計25の変換方法を使ってデータを出力でき、それぞれのユー
ザーが使用しているロボットに最も適したデータを出力することができます。

実際のロボットコントローラーへファイルを読み込ませる場合には、コンバー
ターを介してバイナリファイルに変換する必要がありますが、現在RobotWorks
ではネットワーク経由で直接データーを転送する機能を一部含んでいます。

最後に現在未対応ロボットメーカーに関しては、今後随時対応していく予定で
すので、もしこのロボットメーカーに対応してほしいなどのリクエストがあり
ましたらご連絡ください。
               [ 2002.5.30 from K.Iwamoto ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃構造解析よもやま話 NO.26
◆キーワード: 接触問題(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
非線形解析の3大機能は、材料非線形・幾何学的非線形・接触問題です。

接触問題とは、例えば片持ち板Aの先端に荷重をかけた場合、先端の変形する
先に別の板Bがある場合、先端はそこで接触し、変形の拘束を受ける...という
問題です。ある点で板Aの先端の自由度はフリーでしたが、フリーでなくなり
ます。

板Bが、板Aと同等の剛性であれば、板要素Bも有限要素モデルにしますし、非
常に剛な場合は、有限要素にせず、拘束した節点にするモデル化もあります。

FEMでは、点-点接触、辺-辺接触、面-面接触要素でモデリングすることがで
きます。いずれも、例えば点(節点)-点(節点)接触要素であれば、2節点
が離れている間は、非常に小さい剛性、接触すると非常に剛な剛性が考慮され
ます。

荷重履歴によりますが、接触したり離れたりすることをモニターし、剛性が修
正されます。
               [2002.5.30 from MSC技術室 K.M ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナ-等のイベント情報
1.【JPCA SHOW 2002】
[主催](社)日本プリント回路工業会様
[日時] 2002年6月5日(水)-7日(金) 9:00-18:00(7日:16:00)
[費用] 無料ですが事前登録が必要です。
[会場] 東京ビックサイト コマNo.DS25
[JPCA Web Site] http://www.jpca.jp/index_j.html

2.【第13回 設計製造ソリューション展】
[主催] リード エグジビジョン ジャパン(株)様
[日時] 2002年7月3日(水)-5日(金)
[費用] 招待状のない場合は有償(5000円)
[会場] 東京ビックサイト コマNo.3-16

▽その他のイベント情報はこちら
http://www3.kke.co.jp/sbd/common/nibento.htm

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◎編集後記◎
卵の調理方法は色々ありますが、日本の心、温泉卵にかなうものはないでしょ
う。旅館などでしか口にすることができず、もどかしい思いをしてきましたが、
とうとう念願の温泉卵作り器(約三千円)を購入し毎日いただいています。オ
ムレツが一番と言っていた友達も、あまりのおいしさに早速電気屋さんへ向か
っていました。本照りとめんつゆでどうぞ。

               [2002.5.30 from F.Kawasaki]

■このメールマガジンについて■
○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
http://www3.kke.co.jp/cae/sbdmail/home.htm
○ご意見・ご感想
mailto:sbdmgz@kke.co.jp

<SBDプロダクト>
○Dynamic Designer Motion(DDM)----------機構解析
○Moldflow Plastics Advisers(MPA)-------プラスチック充填解析
○FloWorks(FW)--------------------------熱流体解析
○CircuitWorks(CCW)---------------------PCB設計支援
○DesignSpace(DS)-----------------------構造解析
○COSMOS/WORKS(CW)----------------------構造解析
○EFD.Lab-------------------------------汎用流体解析
======================================================================
Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
東京都中野区中央4-5-3 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1223
http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm
発行責任者:角家強志 編集担当:河崎ふみ
※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用される
場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。
======================================================================




ページトップへ戻る