本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2002年の一覧 > Vol.28「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

メールマガジンバックナンバー Vol.28
「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2002-03-28<Thu> [Vol.28]

=====================================================================
◆◆ S.B.D. MAIL MAGAZINE ◆◆.....2002-3-28[Vol.28]
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. .....http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm
=====================================================================
-----おしらせ---------------------------------------------------------
■■■■■■設計者向けCAEソリューションセミナー■■東京4/4■■■■
~設計プロセス全体の変革をもたらすCAEとは~
[開催日時]  4月4日(木)13:30?16:00(13:00より受付)
[場所]    構造計画研究所 本所新館 丸の内線「新中野」 徒歩1分
[受講料]   無料
[定員]    20名
↓お申込みはこちらから↓
http://www3.kke.co.jp/sbd/common/reg.html
---------------------------------------------------------------------

_[INDEX]____________________________________________________________
┃1┃SBD News
    *【機構】■ DDMが効果を発揮しますよ ■
*【流体】■ FloWorks技術情報 No.5 ~ゴール条件の設定~■

┃2┃構造解析よもやま話(連載)NO.20
* 板要素(2):要素座標系:材料座標系

┃3┃Web Site見て歩き(連載) 最終回
* SBD技術室 前田のおすすめSite
______________________________________________________________________
■ CAD CAEの永田町 ■
小泉メールマガジンの後を追ってスタートしたSBDメールマガジン故、毎週同
じ曜日(木曜)に送られてくる小泉さんの方は、いつも気にしています。

特にこの冒頭の挨拶(?)を書く週には、小泉さんは何を書いているのだろう
と気になります。今朝のメルマガは、あれだけ騒がれた辻元清美議員のことを
どう書いているのだろうと開けて見ましたが、小泉さんもその他の閣僚も、一
切触れていませんね。新聞のコラムや社説では、この話で持ちきりなのに。

我々が取り扱ってる、CADやCAEソフトウェアも、最近では開発元の買収や、
OEMで話題満載です。SRACのSolidWorksへのマージ、DDMのSRACへのOEM、MSCが
MDIを買収など、毎週のように、これらを利用しているユーザとは関係の無い
ところで話が動きます。そして大概が発表の後どうなるかが不明確ですね。新
しい機能の開発とか、合併効果による利用料金の値下げなんかであれば、一緒
に喜べる話ですが、最近の話題は開発元や販売権の話ばかり。

まるで、政治が国民を無視して永田町の中だけでやられているのと同じような
ものを見ている気がします。

小泉マガジンが、国民向けメルマガで永田町の汚職や政争に触れられないよう
に、このSBDマガジンでも、少々話が片付くまでは、中途半端な情報は止めと
くか?と考えた途端、SBD最新情報の記事が薄くなりました。

言い訳になりましたが、今週号はこのくらいで。子供も春休みですから。

               [ 2002.3.28 from T.Sumiya ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃SBD News
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【機構】 ■ DDMが効果を発揮しますよ ■
読者の方にはDDMユーザーも多くいらっしゃるとは思いますが、どんなニーズ
があるお客様にDDMが適しているのか?言い換えれば、DDMでどんな事ができる
のか改めてご紹介したいと思います。
下記の質問にYESがあればDDMが効果を発揮しますよ!

<<>>
1.マウスでドラッグするだけの部品移動にものたりなさを感じていませんか
2.速度・加速度の計測データで3Dモデルを動かしてみたいくないですか?
3.時刻歴で変化する速度・加速度データを取り出してみたいと思いませんか?
4.部品重量がメカニズムに及ぼす影響を見たいとおもいませんか?
5.タイムテーブルで動くメカニズムの干渉をチェックしたいとおもいませんか?
6.全く新しい機構の発明を机上で行ってみたいと思いませんか?

               [ 2002.3.28 from N.Sakai ]

【流体】■ FloWorks技術情報 No.5 ~ゴール条件の設定~ ■
今回は、ゴール条件の設定に関してお話します。

熱流動の計算を行うにあたって、最終的な速度や圧力、温度などの結果がどの
ようになるかが、最も興味のあるところです。FloWorksでの解析において、こ
の結果の状態を支配するのが、ゴール条件です。

ゴール条件は、ユーザーが評価したい項目(例えば、流出口での流量や、流入
口での圧力、計算領域内での速度、発熱体の温度など)が収束条件を満足すれ
ば計算を自動的に終了するというものなので、すべての条件を収束させる必要
がありません。

FloWorksでは、計算の収束を判断するために、ユーザーが設定するゴール条件
の他に、FloWorksの内部でも自動収束のための条件を持っています。

一般的には、ユーザーが設定したゴール条件によって収束します。しかしなが
ら、自然対流問題などのようにゆっくりした現象の場合には、FloWorksの内部
収束条件の方が先に収束条件を満足してしまう場合があります。

このような場合のゴール条件をプロットすると、表示したグラフの値がまだ上
昇していたり、波状の変動が収まっていないような状態になっていることがあ
ります。

計算を継続させて、ゴールの条件を収束させるためには、インプットデータ、
計算コントロールオプションを選択し、"ゴールの収束"のチェックをはずし、
再度計算を実行します。

計算中のゴールの収束状況をモニターしながら、ゴール条件が一定値になり、
条件を満足したと判断できたら、手動で計算を終了させ、計算結果を確認します。

自然対流などの計算における収束状況に関しては、ユーザー側で注意しながら
計算を進めていく必要があります。

FloWorksの最新体験版を公開いたしました。SW2001上で利用できます(無償)

▽お申し込みはこちら
http://www3.kke.co.jp/sbd/fw/download_ank_fw.html 

                [ 2002.3.28 from N.Takashima ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃構造解析よもやま話(連載)NO.20
◆キーワード: 板要素(2):要素座標系:材料座標系
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
板要素の場合、要素座標系がどう定義されるか知っておく必要があります。通
常、応力は要素座標系で出力されますし、異方性材料の場合、その材料の1軸
2軸はデフォルトでは要素座標系のxおよびy座標に各々対応します。

ご興味ある方は、次をご覧ください。
 http://www3.kke.co.jp/msc_kozocae/KOZOCAE20.pdf
               [2002.3.28 from MSC技術室 K.M ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃~Web Site見て歩き.......最終回~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
軽い気持ちから始めた「Web Site見て歩き」も今回が最終回となりました。お
会いするお客様や販売店の方から、「あのURLは役に立ったとか、こういった
情報を知ることができた」というお話しをいただくと毎週やってきて本当によ
かったと思いました。さて、最後はやはり弊社Webを紹介して終わりにしたい
と思います。

弊社のWebは先日発表されたCosmos/MotionやRobotWorksなどの新しいWebを4月
1日からスタートし更にコンテンツを充実していきたいと思っています。

SBD製品 TOP page
http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm

SBD製品 お知らせ
http://www3.kke.co.jp/cae/info.htm

Dynamic Designer/Motion
http://www3.kke.co.jp/sbd/ddm/home.htm
4/1よりSolidWorks版はCosmos/Motion Webに移行します。
4/1にDDM for Inventor版情報をUPLOAD!

Cosmos/Motion   2002.4.1から
http://www3.kke.co.jp/sbd/cm/home.htm

Moldflow Plastics Advisers
http://www3.kke.co.jp/sbd/mpa/home.htm

FloWorks
http://www3.kke.co.jp/sbd/fw/home.htm

CircuitWorks
http://www3.kke.co.jp/sbd/ccw/home.htm

RobotWorks   2002.4.1から
http://www3.kke.co.jp/sbd/rw/home.htm

               [2002.3.28 from S.Maeda]

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◎編集後記◎
週末にTOEICを受験しました。猛スピードで進めたら最後の問題まで解けたと
いう友人の言葉を思い出し、残り15分でラストスパートをかけようとした瞬間、
隣の人が寝ているのに気付きました。なんと、もう終わっていたのです。予想
外の事態にすっかり動揺してしまい、問題も手につきませんでした。将来の自
分を見たと思うことにしましょう。

               [2002.3.28 from F.Kawasaki]

■このメールマガジンについて■
○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
http://www3.kke.co.jp/cae/sbdmail/home.htm
○ご意見・ご感想
mailto:sbdmgz@kke.co.jp

<SBDプロダクト>
○Dynamic Designer Motion(DDM)----------機構解析
○Moldflow Plastics Advisers(MPA)-------プラスチック充填解析
○FloWorks(FW)--------------------------熱流体解析
○CircuitWorks(CCW)---------------------PCB設計支援
○DesignSpace(DS)-----------------------構造解析
○COSMOS/WORKS(CW)----------------------構造解析

======================================================================
Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
東京都中野区中央4-5-3 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1223
http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm
発行責任者:角家強志 編集担当:河崎ふみ
※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用される
場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。
======================================================================



ページトップへ戻る