本文へジャンプ

ホーム > 製品 > 機能一覧 > Particleworksの機能

Particleworksの機能

粘性計算機能

Particleworksは、高粘性流体から低粘性流体まで取り扱い可能です。
また、せん断速度に粘度が依存する非ニュートン流体も計算できます。

表面張力機能

Particleworksは界面で重要となる、表面張力を考慮できます。
壁付近では、壁の濡れ性まで考慮した解析が可能です。
また、水と油のような混ざり合わない複数の流体界面も解析できます。

マルチフィジックス機能

Particleworksは流体以外にも、粉体、剛体、機構解析等と連成が可能です。

流体-粉体連成
DEMによる粉体計算ができます。
粉体と流体の連成解析により、粉液撹拌、混合、搬送など、複雑な解析が可能です。
流体-剛体連成
変形しない固体である剛体が取り扱えます。
流体との連成解析により、切削屑の洗浄など、剛体と流体の複雑な挙動が計算可能です。
空気抵抗モデル
気流場と流体の連成が可能です。
格子法CFDコードにより解析された結果を読み込むことで、車体周りの雨滴の挙動などが解析できます。
流体-機構連成
機構解析ソフトウェア RecurDynと連携させることによって、より複雑な物体の運動の相互作用を解析できます。
Operation_Pw_RD.jpg
Particleworks×RecurDyn連成のメリット
解析内容 Particleworks Particleworks
×
RecurDyn
連成
メリット・適用例
流体中を流れる物体 剛体による定義
(粒子生成必要)
ポリゴンによる定義
(粒子生成不要)
粒子数減少による
計算時間の短縮
流体力による
回転・機構
圧力算出のみ 流体による
運動の変化
水車、スクリュー
物体の運動の種類 並進+回転 さまざまな機構が
可能
クランク機構、
複雑なリンク機構、
歯車、カム、
チェーン
 ※RecurDynは、ファンクションベイ株式会社が販売する機構解析ソフトウェアです。

解析機能一覧

  • 非圧縮性流れ/非定常解析
  • ニュートン流体・非ニュートン流体
  • 取扱物理量:速度,圧力,温度
  • 単相流/混相流/自由表面流
  • 剛体運動の解析
  • 移動境界解析機能
  • オプションソルバー対応一覧
解析機能 CPU演算 GPU演算 2次元解析
自由表面流れ
非定常流れ
MPS-DEM連成解析
流体-剛体連成解析 -
圧力計算機能
(陽解法/陰解法)
負圧モデル -
粘性計算機能
(陽解法/陰解法)
表面張力モデル
非ニュートン流体モデル
乱流解析 -
空気抵抗モデル -
並列計算

動作環境

OS

Microsoft社製 WindowsVista SP2(32bit 64bit)
Microsoft社製 Windows7(32bit 64bit)
Microsoft社製 Windows8(32bit 64bit)
Novell社製 SUSE Linux Enterprise Desktop 10(64bit)
RedHat社製 RedHat Enterprise Linux WS 5.6(64bit)

CPU

intel 社製,AMD 社製 x86 互換 2GHz 以上(マルチコア対応)

メモリ

2GB 以上

ハードディスク空き容量

最小5GB

GPU(※1)

倍精度演算に対応したNVIDIA社製ビデオカード
GeForce GTX, Titan, Tesla, Kepler
(※1) GPU演算機能利用の場合に限ります

CUDA(※2)

CUDA Driver(5.5)
CUDA Toolkit(5.5)
(※2) GPU演算機能利用の場合に限ります

OpenGL

3.0 以上

この製品の関連セミナーをご紹介します。


ページトップへ戻る