本文へジャンプ

ホーム > 製品 > 各事例一覧 > パワートレイン内部のオイル潤滑解析事例

パワートレイン内部のオイル潤滑解析事例

パワートレイン内部のギアによるオイルの潤滑シミュレーションです。ギアの形状や回転数、オイルの液体量や物性(温度や粘性)を変えたときのシミュレーションを行うことができます。オイルの潤滑、ギアに発生するトルクを評価します。


ギアオイルかきあげ

パワートレイン内部のギアによるオイルのかきあげ解析です。



このシミュレーションから以下のことを検証できます。

  • 変更パラメータ
    • ギアの形状や回転数
    • オイルの液体量や物性(温度や粘性)
  • 評価物理量
    • オイルの潤滑
    • ギアに発生するトルク
    • 気泡の巻き込み




差動ギアによるオイルかきあげ

差動ギアによるオイルかきあげ現象の解析事例です。
粒子法ソフトウェアParticleworksおよび機構解析ソフトウェアRecurDynの連成解析です。





チェーンによるオイルかきあげ

チェーン機構内のオイルかきあげ解析事例です。
粒子法ソフトウェアParticleworksおよび機構解析ソフトウェアRecurDynの連成解析です。
機構解析と連携させることで、チェーンのような複雑な物体の挙動を考慮した流体の解析が可能になります。





詳細な技術資料

ギアのオイルかきあげ(1枚・3枚ギア)解析の詳細な事例資料をお配りしております。

ギアのオイルかきあげ(1枚・3枚ギア)解析

粒子法によるギアのオイルかきあげ(1枚・3枚ギア)解析解析

【目次】

  1. 目的
  2. 解析形状
  3. 解析内容・条件
  4. 解析結果
    1. 粒子表示
    2. 速度表示
  5. 考察
    1. 回転数・液量による比較(3枚ギア)
    2. 乱流計算の有無による比較(3枚ギア)
    3. トルク値(1枚ギア)
    4. 実験との比較(1枚ギア)
  6. 結論


事例DVDのお申込みはこちら
この製品の関連セミナーをご紹介します。


ページトップへ戻る