本文へジャンプ

ホーム > ニュース&イベント > イベント・セミナー一覧 > SOLIDWORKS Simulationをより深く!より幅広く使いこなす! 構造解析全テーマ徹底解説セミナー

SOLIDWORKS Simulationをより深く!より幅広く使いこなす! 構造解析全テーマ徹底解説セミナー

  • 一覧ページへ
  • 前のイベント・セミナーを見る
  • 次のイベント・セミナーを見る
セミナータイトルキャプチャ111.PNG

昨年度大好評だった構造解析全テーマ活用セミナーの内容を大幅バージョンアップさせて、今年も実施いたします!

SOLIDWORKS Simulation導入したはいいけど、業務でもっと使えるはずなのにうまく使えていない/簡単な静解析ならできるけど、固有値や非線形、動解析はやりたいのにできていない
こんな方必見のセミナーです!
解析の基本から、解析時間短縮のテクニックからエラーの対処法の紹介について解説した上で、皆様の解析の幅がぐっと広がる固有値、動解析、熱、疲労、非線形解析まで、各テーマにおける活用テクニックを解説していきます。さらにSOLIDWORKS2018新機能トポロジースタディの使い方についてもご紹介いたします!
そして!セミナー終了後、昨年度大好評だった構造解析ベテランエンジニアへの個別相談コーナーも設けますので是非ご活用ください!

半日でこんなに深く!幅広く!まとめて構造解析を学べる機会は他にございません!!
皆様奮ってご参加ください!!

アジェンダ




時間内容
13:00-13:15受付
13:15-17:00①理論からしっかりおさらい静解析の基本!
 有限要素法の基礎、メッシュタイプ選定の基本、解析精度見極め法

②より速く解析を進める!SWS設定のポイント特集
ソルバーの正しい使い分け
解析モデル用意のポイント(対称条件、リモート質量など)、2D簡略化


③実践に絶対役立つ!エラー対策特集!
メッシュ作成時のエラー対策、解析実行時のエラー対策


④Simulationで熱問題を可視化できる!~熱解析~
熱伝導の基本、非定常熱伝導、輻射、
自然対流と強制対流


⑤製品の寿命がわかる!~疲労解析~
疲労解析でできること、SNカーブ入力及び入手法、平均応力補正理論使い分け、損傷結果評価


⑥振動問題徹底対策!~固有値解析・動解析活用法~
共振を避ける設計検討とは 固有値解析と動解析の違い、荷重を考慮した固有値解析、拘束なしで固有値解析
様々なシーンで役立つ動解析手法紹介(時刻暦応答解析・調和解析・ランダム周波数応答解析・応答スペクトル解析)


⑦解析の幅が大きく広がる!~非線形解析~
非線形解析でしか扱えない現象 大変形オプションと非線形解析の違い、応力ひずみ曲線入手法、収束エラー対処法


⑧トポロジースタディでお手軽に!~構造最適化~
構造最適化でできること紹介、設計業務に取り入れるメリット、トポロジースタディ機能解説、
SOLIDWORKSアドイン構造最適化ソフトHiramekiWorks紹介

17:00-17:30質疑応答&解析個別相談コーナー
17:30終了

※上記講座内容は変更される場合がございます。

開催概要

開催日時【東 京】 2018年10月24日(水)13:00~17:30
【大 阪】 2018年10月19日(金)13:00~17:30
【名古屋】 2018年11月02日(金)13:00~17:30
会場【東京】
構造計画研究所 本所新館(地図はこちら
地下鉄丸の内線「新中野」駅前

【名古屋】
構造計画研究所 名古屋支社 セミナールーム
〒450-6325 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1-1 JPタワー名古屋 25階(地図はこちら
JR名古屋駅 徒歩約1分 地下鉄東山線・桜通線名古屋駅 徒歩約1分

【大阪】
構造計画研究所 大阪支社 セミナールーム(地図はこちら
「本町」駅(1番出口)より徒歩約3分 「淀屋橋」駅(11番出口)より徒歩約4分
受講料1名様 ¥15,000 (税抜き)  ⇒早期割引あり!!10日前までのお申し込みで12000円になります!!
対象SOLIDWORKS Simulationを上手に使いこなしたい方、設計に活用したい方
構造解析の基礎を学び直したい方
様々な解析テーマに取り組んでみたい方(静解析・固有値・疲労・熱・動解析・非線形など)
(同業他社の方はご遠慮下さい。)
お支払方法受講後に郵送にて請求書をお送りいたします。
支払い条件は、月末締め翌月末支払いです。
お問い合わせ先
株式会社構造計画研究所 SBD営業部 セミナー担当(三笠)
〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
Tel:03-5342-1051  Fax:03-5342-1055
sbdseminar@kke.co.jp
  • メールマガジン


ページトップへ戻る