本文へジャンプ

ホーム > ニュース&イベント > イベント・セミナー一覧 > SOLIDWORKS Simulationユーザーのための構造解析再入門

SOLIDWORKS Simulationユーザーのための構造解析再入門

  • 一覧ページへ
  • 前のイベント・セミナーを見る
  • 次のイベント・セミナーを見る

再入門題.jpg

すべてのSOLIDWORKS Simulationユーザーの皆さまに贈る
「SOLIDWORKS Simulationユーザーのための構造解析再入門」セミナーのご案内です。

構造解析のソフトウェアの操作性が向上し、簡単なトレーニングや自習で使えるようになりましたが、本当に設計に役立っていますでしょうか? 「チュートリアルは出来たけど、自分の製品は、ちょっと?」「どの応力で結果を評価するのか分からない。」「特定方向の拘束と固定の違いは?」「シェルメッシュの使用方法」など、本講義では、サポートセンターに多く寄せられる質問をベースに、初級者がつまずきやすいところを、半日でもう一度学び直すお手伝いをさせていただきます。

※セミナーテキストもお持ち帰りいただけます!!

(同業他社の方はご遠慮下さい。)



アジェンダ


13:00~ 受付開始
13:15~17:00 (途中休憩あり)

①実務で活用できる解析手法の紹介
コンフィギュレーションを活用した解析手法 
デザインシナリオによる解析手法

⇒SOLIDWORKSのコンフィギュレーション機能をSimulationで利用する
メリット、その手法を解説します。 複数の形状をパラメトリックに変化させて一度に解析結果を比較検討するデザインスタディ機能を解説します。

②解析精度とメッシュについて
メッシュサイズの選定方法、シェルメッシュの活用方法、
メッシュオプション等

⇒解析精度に直結するメッシュサイズの選定方法とアダプティブメッシュの
活用方法を解説。また、ソリッドメッシュとシェルメッシュの使い分け、
メッシュ作成時のオプション機能を解説します。

③メッシュ作成に失敗する際の対処法
メッシュ診断によるエラー箇所の検出

⇒メッシュ作成に失敗した際の回避方法やメッシュエラーの要因
を解説します。

④拘束条件
固定と特定方向の拘束、自由度と拘束の種類

⇒拘束条件の違いによる解析結果の影響や拘束条件の種類、メッシュの種類による自由度の違いを解説します。

⑤結果評価
応力表示の種類と評価方法

⇒主応力とVon Mises応力等の応力結果の種類、そして基本的な解析結果の
評価方法を解説します。

image01.gif 再入門画像1.jpg


(内容の一部を予告なく変更する場合がございます、ご了承下さい。)

~17:30質疑応答

参加者の声

 前回の東京会場参加者のコメントの一部をご紹介いたします。
  • 分かりやすい解説で 時間・内容・費用 のバランスが良い
  • 大変参考になりました。今後の解析に生かせそう
  • 説明が非常に分かりやすい。
  • メッシュの説明が参考になった。

概要

開催日時

【大 阪】 2015年11月19日(木)13:00~17:30 ※受付終了
【名古屋】 2015年11月25日(水)13:00~17:30 ※受付終了
【東 京】 2015年12月03日(木)13:00~17:30 

会場

【東京】
構造計画研究所 本所新館(地図はこちら
地下鉄丸の内線「新中野」駅前

【名古屋】
構造計画研究所 中部営業所(地図はこちら
地下鉄東山線「伏見駅」徒歩5分

【大阪】
構造計画研究所 大阪支社 セミナールーム(地図はこちら
「本町」駅(1番出口)より徒歩約3分
「淀屋橋」駅(11番出口)より徒歩約4分

受講料

一名様 ¥10,000 (税抜き) 

対象

現在、SOLIDWORKS Simulationをご使用されているお客様
(同業他社の方はご遠慮下さい。)

お支払方法

受講後に郵送にて請求書をお送りいたします。
支払い条件は、月末締め翌月末支払いです。

参加を申し込む

お問い合わせ先
株式会社 構造計画研究所 SBDソリューション部 セミナー係
E-mail:sbdseminar@kke.co.jp
【東京】TEL:03-5342-1051
  • メールマガジン


ページトップへ戻る