本文へジャンプ

ホーム > ニュース&イベント > イベント・セミナー一覧ニュース一覧 > 化学・食品・製薬業界向け 生産技術向上セミナー ~化学工学活用編~

化学・食品・製薬業界向け 生産技術向上セミナー ~化学工学活用編~

  • 一覧ページへ
  • 前のニュースを見る
生産技術セミナー

近年、化学・食品・製薬分野において、市場ニーズの多様化・高度化に伴い、製品の高機能化・開発期間の短縮がより一層求められるようになっています。 こうした動向の中、高機能化された製品を事業ステージに上げ、さらに小ロット生産、グローバル展開に対応するためには、「どのようなプロセスで工業化するか」が重要になります。

実験・分析・シミュレーションなどの様々な技術を体系的に包括した「化学工学」は、工業化の際に直面する、生産現場のトラブル、スケールアップの確立といった課題の解決を効率的に解決する手段です。しかしシミュレーション技術を現場に取り組んでいる企業はまだまだ少ないため、企業の競争力アップのためには今後ますますシミュレーション技術の活用が重要になると言われています。

本セミナーでは、化学・食品・製薬業界の生産技術に注目し、「化学工学」の知見を用いて様々な企業の課題を解決してきた神戸大学の大村先生にご講演いただきます。また、シミュレーションや実験技術を活用した改善事例を、佐竹化学機械工業様、明治様にご講演いただきます。 その他、多くの企業様のシミュレーション技術導入を支援してきた弊社エンジニアが、その経験を基に本当に効果の出るシミュレーションの導入・運用方法をご紹介致します。

各種ミキサーから充填、搬送、室内空調まで、あらゆる装置・プロセスの改善にご興味のある方、何から取り組めばよいかお困りの方、是非ご参加をご検討ください。

セミナーアジェンダ

        
12:30-13:00

受付

13:00-13:10

ごあいさつ

13:10-14:10

化学プロセス開発・設計のための撹拌・混合概論

神戸大学 工学研究科 応用化学専攻
教授 大村 直人様

 化学プロセスの中心である反応装置について、スケールアップの考え方を講述した後、撹拌の基礎、撹拌操作における諸問題、化学プロセス開発・設計におけるCFDの有用性について概説します。
14:10-15:10

攪拌装置開発におけるCFD活用事例

佐竹化学機械工業株式会社
攪拌技術研究所 課長 根本 孝宏様

 近年、撹拌装置開発におけるツールとしてCFDシミュレーションを積極的に活用しています。 槽内流動状態の把握や翼作用の解析、実機設計へのスケールアップなど様々な用途に適用し、開発期間の短縮やコスト削減に効果を発揮しています。 一方、CFD解析では実際の現象との妥当性について注意しなければなりません。 当社では実験によるバリデーションにより、確度の高い解析がおこなえるように構築しています。 本講演では、これら撹拌装置開発におけるCFD活用事例をご紹介させて頂きます。
15:10-15:20

休憩

15:20-16:20

CAEを援用した乳化・分散・撹拌装置の性能評価と
スケールアップ例

株式会社明治 技術開発研究所 生産技術研究部
プロセス開発G長 神谷 哲様

 ハードウエアとCAEソフトウエアの急速な進歩により、食品製造の分野でも従来の化学工学的アプローチに加えCAEを活用したモノづくりが浸透し始めている。本講演ではCAEを援用した乳化・分散・撹拌装置の性能評価やスケールアップ事例について紹介する。
16:20-17:20

シミュレーションを軸とした生産技術の向上

株式会社構造計画研究所 粒子法ソリューション室 室長代理 山田 剛史

 化学・食品・製薬業界における生産プロセスの確立、生産現場のトラブル解決のためには、理論・実験技術そしてシミュレーション技術の3つを駆使する必要があります。 その中でも、近年シミュレーション技術を取り入れる企業が増えております。 本セッションでは、化学・食品・製薬業界におけるシミュレーションの様々な利用事例や、その改善効果についてご紹介いたします。
17:20-17:30

閉会のご挨拶

開催概要

日程【東京】2016年10月25日(火)<申込終了>
会場構造計画研究所本所新館 B1Fレクチャールーム
〒164-0011
東京都中野区中央4-5-3
定員60名(先着順)
※最少催行人数に満たない場合は中止する場合があります。
※満員に付きお申込みいただけない場合がございます。
予めご了承ください。
参加費無料
備考日程があわず資料請求のみの方も、以下申し込みページへお進みください。

参加を申し込む

お問い合わせ先
株式会社構造計画研究所 製造企画マーケティング部
〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
Tel:03-5342-1046  Fax:03-5342-1047
skm-info@kke.co.jp
  • メールマガジン


ページトップへ戻る