本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2017年の一覧 > Vol.722「近代構造最適化の息吹」

メールマガジンバックナンバー Vol.722
「近代構造最適化の息吹」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2017-11-30<Thu> [Vol.722]

SBDメルマガ読者の皆様 こんにちは。

 明日から12月。なんとなくせわしない気分になります。
私は営業なので年末モードです。カバンにカレンダーを詰め込んで木枯らし吹きすさぶ街を
駆けずり回っております。
 今日は文末のイベント情報でも紹介していますが年末恒例になった
「Prometech Techno Forum2017 in NAGOYA」をご紹介します。

日時:2018年12月13日(水) 10:00~19:30
場所:ウインクあいち(名古屋駅前)
詳細&お申込み:
https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncPatk0xRZkRWGX5

 東京大学の越塚教授による粒子法(MPS法)が発表されてから20年。
今では自動業界を始め、化学、素材、食品業界と様々な分野で利用されるようになりました。
 今回は特に粒子法ソフト「Particleworks」単体だけでなく、幅広い他のCAEツールとの連携や
HPCクラウドの可能性や運用などについてユーザー目線で発表いただく予定です。
 主催者講演はParticleworksとJMAGとの連成解析の紹介(粒子法と電磁場連成によるモーターの冷却解析)、
また越塚先生の「粒子法の最近の進展と将来」と題しての基調講演など内容も盛り沢山となっています。
もちろん終了後の懇親会も用意しておりますので、貴重な人脈形成の場としてもご活用ください。
(前日には「前夜祭」と称した勉強会(?)も企画しています。詳細は上記URLを参照ください。)

 何かと慌ただしい季節ではありますが、一日じっくりと最新のCAE情報とこれからの将来についての
議論の場に参加してみませんか?
 では、また。

        

[ 2017/11/30 from J.O ]


┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【流体】熱流体解析スキルアップ講座 Vol.4 - 湯気の正体
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

今日は一段と寒い日となりました。暖房の効いた室内がありがたく感じます。

暖房を使うようになると押し入れの奥から一緒に出してくるのが加湿器という方も多いの
ではないでしょうか。加湿器から吹き出しているあの蒸気(?)について考えてみます。

以前からモヤモヤしていたのが、湯気と蒸気って同じなのってことです。そもそも蒸気という
言葉が物理的にはちょっと曖昧に使われている気がします。

みなさんに理解してもらいたいのは、空気中の水分には次の2つがありますよということです。
・気化した水(これは気体です。)。物理的にはこれを水蒸気というべきであると思います。
純粋な空気を乾燥空気、気化した水を含む空気(身の回りに存在するのはこちら)を湿り
空気と言って分けたりします。
・水滴(これは液体です。)。湯気で白く見えているのはこれです。ミストということもありますね。
空に浮かんでいる雲もこれですよね。

解析は物理的に明確ですから、当然これらを分けて考えないといけません。
FloEFDやFlow Simulationでは湿度の計算ができますが、この機能で考慮しているのは、
気化した水です。途中で温度や圧力が変化することで飽和水蒸気量が変化して一部が
凝固する(水滴になる)ことの影響も考慮できます。ただし、水滴自体の解析はできません。

水滴の解析をするのであれば、粒子スタディーがおすすめです。粒子スタディーは流体解析で
速度分布(気流場)を計算して、後から粒子を飛ばしてその動きを解析する機能です。

今週もあと一息です。皆様、かぜをひかないように暖かくしてお過ごしください。では、また次回。

[ 2017/11/30 from Y.Iijima ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【粉体】クラの粉体シリーズ Vol.28 - 粉体シミュレーションのインパクト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
こんにちは、クラです。

最近、委託解析で粉体材料の混合プロセスのシミュレーションを実施したのですが、
現在の運転状況では混合しないという解析結果が得られました。
その解析動画を、お客様が社内で展開したところ、装置の形状や運転条件を変えよ
うという動きが活発化したそうです。
コンピュータシミュレーションの解析結果は、実験では見えにくい装置内部の動き
を可視化することができるので、報告書のネタとしてはインパクトが強いようです。

さて、粉体プロセスに関わっている方で、これから社内でプロジェクトをアピール
していきたいと思っいる方にお勧めのセミナーを紹介いたします。

============================================
iGRAF 製品紹介&体験セミナー@東京

粉体および混相流シミュレーションのために開発された「iGRAF」の機能や解析事例
についてご紹介します。また、実際に「iGRAF」を操作し、シミュレーションの設定
方法から結果評価方法までの一連の流れを体験します。

日付:  2017年1月30日(火)13:45~17:30(受付開始13:30~)
場所:  株式会社構造計画研究所 新館
参加費: 無料

お申し込みURL: http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml
iGRAF製品紹介URL: http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml
============================================

粉体シミュレーションが初めての方でも弊社スタッフが分かりやすく説明いたします
ので、ぜひご参加いただければ幸いです。

 

[ 2017/11/30 from クラ ]

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.458 - 近代構造最適化の息吹
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 早いもので今回は折り返し点です。
前回はSW Simulationの要となる汎用有限要素法構造解析ソフトウェアのルーツのお話を
しましたので、今回は構造最適化のルーツを見て行きたいと思います。
 時は1960年、場所はアメリカ合衆国ニューヨーク。アメリカ土木学会(ASCE)主催の第2回
電子計算機応用会議が開催されました。この会議で、当時ケース工科大学の助教授だった
若きルシエン・シュミット・ジュニアによる一編の論文が発表されました。
タイトルは 'STRUCTURAL DESIGN BY SYSTEMATIC SYNTHESIS'、後に近代構造最
適化の原点と言われるようになった重要な論文です。
 Systematic Synthesisという言葉を使ったのは、ターナーやマーティンらの「マトリックス構造
解析手法」と「非線形計画法」を組み合わせたシステマティックな数学的アプローチを提案した
ことによると思います。これにより、従来の破壊モードを仮定し、それらが各部材で同時に発生
する設計法では必ずしも最適な解が得られないことを、天井から吊るした3本のトラスの先を束
ねて、多種類の荷重を負荷する問題で示しました。
 この論文を契機に、構造最適化の研究に光が当たり、同時に実用化へのチャレンジが色々
なところで始まります。

 さて、このシュミットの近代構造最適化の論文が発表された同じ会議で、もう一つ忘れてはな
らない大きな出来事がありました。
 それは、有限要素法の原点とも言われるターナーらの論文が出て(講演は1954年、出版は
1956年、いずれも米航空学会)4年、共著者のレイ・クラフ教授が初めて「有限要素法」と名
付けた論文を発表しました。
「THE FINITE ELEMENT METHOD IN PLANE STRESS ANALYSIS」
 57年前に、同じ会議で歴史上燦然と輝く重要な発表が2つも為されたということ、地球の歴
史を長く見続けているOptimus Primeにも、あまり記憶がありません。人類のダイナミックな技術
発展の意欲を感じた瞬間であったと思います。今思い出してもワクワクします。
 次回は、時代を少し進めて1980年代の終り頃、これまでの構造最適化とは全く異質の夢のよ
うな手法が出てきます。この辺りを周辺のことも含めてお話いたします。  

ではまた! by O.P.


[ 2017/11/30 from Optimus Prime ]

┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017/11/30 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────
──────────────────────────────────
◆展示会◆
◇Prometech Techno Forum 2017 in NAGOYA◇
 日時:2017年12月13日(水)10:00~19:30
(懇親会18:05-19:30)
場所:ウインクあいち(名古屋駅前)
http://www.prometech.co.jp/prometech-techno-forum-2017-in-nagoya.html

◆無料特別セミナー◆残りわずかとなってきました!!
無線通信・情報通信 セミナーのご案内
◇IoT導入に向けた無線通信の活用
~製造現場&LPWAにおける導入事例~◇
IoTの中でも特に注目されている、工場無線とLPWA(Low Power Wide Area)セミナーです!
 2017年12月13日(水)13:30~
 株式会社構造計画研究所 本所新館
プログラム
・講演①:京セラコミュニケーションシステム 日比様(Sigfox)
・講演②:ソフトバンク 佐治様(LTE-M、NB-IoTなど)
・講演③:情報通信研究機構 板谷様(工場無線)
 https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/2006

◆無償セミナー◆
◇EMS2017無料セミナー◇
 EMS2017の新機能を利用した最新の使用方法の紹介と
 最新版の体験セミナーです。
 【東 京】2017年12月7日(木)14:00~16:15(受付13:45~)
 【東 京】2017年12月15日(金)14:00~16:15(受付13:45~)
 http://www.sbd.jp/news/ems2017.shtml

◇SOLIDWORKS Flow Simulation Day2018◇
初開催のイベントとなる"SOLIDWORKS Flow Simulation Day2018"
最新のFlowSimulation2018ご紹介や, 新機能で追加された自由表面計算の解説
Flow Simulation 活用術・裏ワザなどをお伝えするセッションもご用意!
【東 京】2018年1月17日(水)13:30~
【大 阪】2018年1月26日(金)13:30~
【名古屋】2018年1月31日(水)13:30~
http://www.sbd.jp/news/swfday2018.shtml

◇iGRAF 製品紹介&体験セミナー◇
 粉体および混相流シミュレーションのために開発された
 「iGRAF」の機能や解析事例についてご紹介します。
 【東京】2018年1月30日(火)13:45~
 定員:20名
 http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml

◆有償セミナー◆
◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1日目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2日目)
 ■設計、検証実習編(3日目)
東京・大阪で開催いたします。
 詳細は↓ここから
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆Webセミナー◆
◇100% FloEFD活用し隊!◇
 好評のため第2弾開催が決定しました!
 12月6日・12月20日
 詳細:http://www.sbd.jp/news/100_floefd.shtml

◇100% SOLIDWORKS Flow Simulation活用し隊!◇
 2人の女性流体解析エンジニアが"もっとSOLIDWORKS Flow Simulationを
 活用し隊" として開始したWebセミナー!ご好評につき第2弾を開催する
 ことになりました!!!
 12月6日・12月20日
 詳細:http://www.sbd.jp/news/100_swfs.shtml

◇構造最適化レベル別入門WEBセミナー◇
 ワンランク上の設計を実現する!
 ★初級者入門編★
 構造最適化についてこれから学びたい方向け
 日時:2017年12月13日(水)14:00~14:40
 
 ★上級者入門編★
 構造最適化についてより詳しく学びたい方向け
 日時:2017年12月15日(金)14:00~14:40
 http://www.sbd.jp/news/post_4.shtml
 
◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 構造最適化セッションが追加されました。
 http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

         

[ 2017/11/30 from KURODA ]

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
明日から12月となり、今年も残り少なくなってきましたね。12月もSBDセミナー
は盛りだくさんです。今年の疑問は今年のうちに解決!是非ご参加ください。

今日は酉の市があります。今年は12年に1度の酉年の酉の市です!
SBD営業部でも "商売繁盛"を願って「縁起熊手」を買いに行ってきます!

       

[ 2017/11/30 from KURODA ]


*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール
HiramekiWorks---------------------------------トポロジー最適化・ 形状最適化
iGRAF-----------------------------------------粉体・混相流シミュレーション

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...



ページトップへ戻る