本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2017年の一覧 > Vol.709「マルチフィジックス事例紹介と iGRAF体験セミナー」

メールマガジンバックナンバー Vol.709
「マルチフィジックス事例紹介と iGRAF体験セミナー」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2017-08-24<Thu> [Vol.709]

こんにちは SBDメールマガジンの読者のみなさま。お盆休みも過ぎましたが、今
年は天候がカンカン照りの西日本と、雨続きの東日本と二極化しました。お天気
位、穏やかで例年通りがいいのですが。気候の変動が少し心配な、今日この頃で
すがそんな折、みなさま如何お過ごしでしょうか

いつもなら休みの後は、どこかに行った事を話題に冒頭文を書くのですが、暑す
ぎてあまり出歩けなかったので、少々違う事「世界遺産」について書いてみます
先月初めに日本で21番目の世界遺産として、福岡の宗像・沖ノ島と関連遺産群が
登録されましたが、今回は大阪で世界遺産登録を目指す「百舌鳥・古市古墳群」
について調べてみました。正式には「百舌鳥・古市古墳群 仁徳陵古墳をはじめ
とする巨大古墳群」と少々長くなります。大阪の南部、堺市、羽曳野市、藤井寺
市の3市にまたがり「百舌鳥」と「古市」の2つのエリアに分かれながらも一体性
をもっています。現在でも4世紀後半から6世紀前半にかけて築造された古墳が89
基も残っています。

日本で古墳の大きさベストスリーである仁徳天皇陵古墳(墳丘長486m)、応神天皇
陵古墳(墳丘長425m)、履中天皇陵古墳(墳丘長365m)が、すべてこのエリアにあり
墳丘長200mを超える巨大前方後円墳が11基も集中しています。巨大な前方後円墳
と、小規模の円墳、方墳に至るまで、墳形と規模がバラエティーにとんだ構成で
成り立っています。因みに、世界三大墳墓は仁徳天皇陵古墳、クフ王のピラミッ
ド、秦の始皇帝陵になりますが、その中でも仁徳天皇陵古墳は群を抜いた長さ・
広さがあります。

状況的には、平成22年にユネスコ世界遺産暫定一覧表に記載されて以来、日本の
推薦候補資産に挑戦し、三度目ならぬ、四度目の挑戦でやっと選定され、国がユ
ネスコ世界遺産センターへ推薦書を提出したところです。これからICOMOS(国際
記念物遺跡会議)による審査・現地調査を経て、早くて平成31年度の世界遺産登
録を目指す様です。一般的な世界遺産は県や市を中心にして提案されるのですが
、今回は天皇陵古墳なので管理が宮内庁になり、審査・調査がスムーズに行える
かが、登録のカギになるとテレビで言っていました。少々気が早いですが、大阪
初の世界遺産が登録を期待しています。

さて後一月ちょっとで秋になればまた例年通り、インテックス大阪で第20回関西
設計製造ソリューション展が、2017年10月4日から6日にかけて開催されます。
今年も、製造業の設計から開発に役立つ解析ソフトウェアを多数展示させていた
だきますので、ぜひご来場ください。
現在・来場記念のノベルティの選定に頭を悩ましておりますが・・・・


        

[ 2017/08/24 from Y.T ]


┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【流体】熱流体解析スキルアップ講座 Vol.2 - 流入と流出の境界条件
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

みなさん、夏休みはどのように過ごされましたでしょうか。先週は、気温の低い
地域が多く、肩透かしを食らった感がありました。もっと暑いときに休みたかったぁ。

さて、今回は最近あった解析の事例から、流入と流出の境界条件について考えます。

最近対応したサポートで、次のような事例がありました。


途中に狭い流路のある水の流れの解析です。入り口は圧力を指定しました。圧力と
してはかなり低く1/10気圧です。出口には質量流量を指定しました。出口側での圧
力はさらに低くなりキャビテーションまで考慮した解析でした。

この条件で計算したのですが、適切な結果が得られませんでした。具体的には入り
口の質量流量が出口の質量流量の数分の一しか発生しておらず、明らかに解析が破
綻していました。

いろいろと調査した結果、そもそも境界条件自体が成り立たない条件になっている
という結論に至りました。具体的な確認方法としては、出口に考えうる最小の圧力
を指定して解析を行い、その際の質量流量を求めたところ、当初指定した質量流量
の1/4程度にしかなりませんでした。つまり、当初想定した流入圧力では指定した
質量流量は発生し得ないという事になります。お客様には境界条件を見直していた
だくようお願いしました。

このことから得られる教訓としましては、特殊な条件では流量指定の場合、境界条件
として成立しない可能性がある。その場合には、流入流出ともに圧力指定にすること
で、解決のヒントが得られるということでした。

改めて境界条件の組み合わせを考えますと、流入流出についてそれぞれ、以下の選択
肢があります。
・圧力
・質量流量
・体積流量

今回の例からもわかるように「圧力-圧力」の組み合わせが最も解析上安定します。

また、質量流量と体積流量の違いとしては、特に気体の場合、密度変化があるために、
質量流量の方が本質を表します。

どうしても気体を体積流量で指定する場合には、前提とする温度と圧力を明確に指定
する必要があります。

いかがでしょうか。解析する上で最も重要でかつ悩ましい境界条件ですが、少しでも
参考になりましたでしょうか。今週から熱帯夜が復活している地域も多いと思います。
体調管理に気をつけてお過ごしください。では、また次回。


[ 2017/08/24 from Y.Iijima ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【粉体】粉のお話 Vol.1 - iGRAF体験セミナー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

みなさま、こんにちは
raizanヤマグチです。

最近は粉体に携わることが多くなりましたのでタイトルを変更いたしました。
先日も大学の先生方をお招きして粉体も関連するマルチフィジックスについ
てご講演をしていただきました。
ご講演では、融解/凝固現象へのアプローチについてや、地盤特性の解明につ
いて、そして、産業応用を目的とした計算負荷の軽減についてなどのご講演を
していただきました
非常に興味深い内容が多く、ご参加いただいた皆様からもご好評でした。

弊社からはマルチフィジックスの事例ということで汎用解析ソフトウェア
「Abaqus」や粒子法解析ソフトウェア「Particleworks」、粉体・混相流シミ
ュレーションソフトウェア「iGRAF」を用いた解析例をご紹介させていただき
ました。
撹拌機や搬送機、貯蔵機のスロッシングや衝突など幅広い事例をご紹介させて
いただきましたのでもし、当日ご参加できなかったけど、事例をご覧になりた
い方がいらっしゃいましたらお問合せいただければご紹介いたします。

さて、そのセミナーの際にもご紹介させていただきましたが、
粉体・混相流シミュレーションソフトウェア「iGRAF」の体験セミナーを
9//26(火)開催予定で企画しております。
詳細:http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml

これから粉体解析にも挑戦されたい方や粉体のハンドリングでお困りの方には
ぜひご参加いただければと思います。
また、「iGRAF」はSOLIDOWORKSアドインの解析ソフトとなっております。
SOLIDWORKSをより活用されたい方も是非ご参加ください。

粉体・混相流シミュレーションソフトウェア「iGRAF」:
http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml

 

[ 2017/08/24 from K.Yamaguchi ]

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.445 - 音楽好きですか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さんこんにちは。3代目Tちゃんです。

みなさんは音楽好きですか?自分は音楽をやるのも見るもの好きです。
ただし、クラシックや吹奏楽などにはあまり造詣がなくて、音楽会では
いつもうとうと眠り心地でした。

ところでいつも疑問なのが、管楽器の内部構造です。解析をかじっている
身としては、あの楽器の中でどのようにして息が流れているのかなと
いつも気になっています。ドの音とファの音では流れが違うのかな~
とか、同じ管楽器でもホルンとトランペットとサックスでどうしてあの
形になっているのか、解析的にアプローチするととても面白そうだなと
思います。(そういえばEFDの今年の機能に音響パワーの評価があった
ような・・・?)

楽器と言えば自分はギターが専門なのですが、ギターのピックアップ
も内部構造はコイルなので解析で改造とかできそうだな~と思ってい
ます(ギターやってない人にはピンとこないでしょうが、エレキギターの
パーツの一つです)

でも解析する前にはモデリングが必要ですが、モデリングが難しそう。。
ギターはいけそうですが、管楽器が・・・。ここはひとつ、最近手に入
れた新しいCAD(FreeForm)でボクセルデータを削って格闘してみるこ
ととします。


 

[ 2017/08/24 from 3代目Tちゃん ]


┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017/08/24 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────────
──────────────────────────────────
◆無料セミナー◆
◇最適な設計案を身近なツールで!
 最高にわかりやすい構造最適化活用講座◇
 これから構造最適化を設計業務に取り入れたい方、必見です。
【東 京】2017年09月12日(火)13:00~17:30
【名古屋】2017年09月26日(火)13:00~17:30
【大 阪】2017年09月27日(水)13:00~17:30
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncPa2b

◇iGRAF製品紹介&体験セミナー◇
 粉体・混相流解析ソフトウェア「iGRAF」の機能や
 解析事例についてご紹介します。
 日時:2017年9月26日(火)13:45~17:30(受付開始13:30~)
 会場:構造計画研究所(東京)
 http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml

◇熱流体解析100%活用し隊!オープンセミナー
 海外メーカーでの最新事例から学ぶ活用術◇
 ロシアから開発元のプロダクト統括ディレクターを迎え、
 海外トップメーカーでの活用事例や最新動向をご紹介いただきます。
【東 京】2017年9月26日(火)(受付13:00~)13:30~17:20
【名古屋】2017年9月28日(木)(受付13:00~)13:30~17:20
【大 阪】2017年9月29日(金)(受付13:00~)13:30~17:20
 http://www.sbd.jp/news/cfd100_offsite_seminar.shtml

◆有償セミナー◆
◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1日目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2日目)
 ■設計、検証実習編(3日目)
東京・大阪で開催いたします。
 詳細は↓ここから
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆定例セミナー(有償座学)◆
◇設計者のための熱流体解析入門トレーニング(流体・熱編)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方
 熱流体解析を学んでみませんか?
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9Ll

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 構造最適化セッションが追加されました。
 http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml


★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
SBDちゃんねる もうご覧になりましたか?先日ご紹介した【サイクロン分離機】
の他にも【CAE担当者物語】がアップされています。その他【iGRAF】や【紛体】
などの動画もありますのでYouTubeから【構造計画研究所】と検索してみてくだ
さいね!
       

[ 2017/08/24 from KURODA ]


*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...



ページトップへ戻る