本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2017年の一覧 > Vol.698 「デジタル画像相関法とは・・」

メールマガジンバックナンバー Vol.698 
「デジタル画像相関法とは・・」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2017-06-01<Thu> [Vol.698 ]

皆さん、こんにちは。

今日から6月、衣替えが必要なシーズンになりました。
そんな中で、日本海には米軍の空母が出たり入ったり、北朝鮮からはミサイルが
飛んで来たりと、いつ何が起きてもおかしくない状況になってきてますが、皆様
の周りは如何でしょうか?

弊社では、久々のCAE以外の新製品、デジタル画像相関法のセミナーを、
6月29日(木)に開催することになりました。

デジタル画像相関法(以下DIC)とは近年注目されている非接触計測技術の1つで、
対象物のひずみ・変位分布を時系列で計測することが可能です。

また、実験結果をCAEのコンター図ように確認することも出来る技術です。

弊社ではこのDICを使うことで、昨今注目されているCAEの妥当性検証(V&V)や、
精度の高い材料物性の取得に活用出来ると考え、本セミナーを企画しました。

基調講演として元名古屋市工業研究所、現大同大学工学部の西脇教授に、
「DICの材料試験への適用と事例紹介」というタイトルでご講演頂きます。

DICに興味のあるかた、CAEの妥当性検証・精度向上でお悩みの方、
是非ともご参加ください。

計測と解析のクロスアプローチ
「非接触計測技術によるCAEの妥当性検証と精度向上セミナー」

2017年6月29日(木)13:00-17:00

お申込み→https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/1755

今週も、SBDメルマガ最後までお楽しみください。

          

[ 2017.06.01 from T.Sumiya ]


┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【流体】流体解析のナカミ Vol.32 - 境界条件
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

これまでで、有限体積法による計算の進め方について解説してきました。
これは、空間の途中の変数を求めるためのものでした。

実際の問題では、固定条件としての境界条件を定義する必要があります。
その種類には一般的に以下のものがあります。

・流入
・流出
・壁
・圧力固定
・対称性
・周期性

スタッガード格子を配置する場合に、境界の外側にもう1つ格子点を用意します。
こうすることで、境界近くの内部の格子点に対する離散化方程式を修正すること
で境界条件を組み込むことが可能になります。

各境界条件について解説してゆきます。

まずは、流入境界条件ですが、これは流れに関する変数すべての分布を設定する
必要があります。

その中には乱流エネルギーkと消散率εも含まれますが、通常、この値は不明な場
合が多く、乱流強度(1~6%)と長さスケールから求めることが多いです。

出口境界では、出口の位置を幾何学的な外乱から流れの方向に離れた位置にとった
場合に、変数の流れ方向の勾配をゼロとすることができます。

次回は、残りの境界について解説します。


[ 2017.06.01 from Y.Iijima ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【粉体】クラの粉体シリーズ Vol.22 - 粉体・混相流シミュレーションの基礎応用講座
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんにちは、クラです。

インテルが、台湾で開催中のComputex 2017において、
「Core i9」を正式発表したようです。

現行製品で最上位となる「Core i7-6950X」が10コア/20スレッドに対して、
「Core i9」ではクロック数が同程度で18コア/36スレッドになるようです。

弊社が開発した粉体・混相流シミュレーションソフトのiGRAFでは、
マルチコアプロセッサで並列計算処理をしているため、
「Core i9」を使えばこれまでのほぼ半分の計算時間で済みそうです。
これからますます粉体シミュレーションの活用が促進されそうですね。

さて、今月6月14日に第2回粉体・混相流シミュレーションの基礎・応用講座を
開催いたします。
このセミナーは、理論編と演習編の2部構成でして、
理論編では粉体および混相流シミュレーションの第一人者である酒井幹夫准教授に
離散要素法(DEM)、固体-流体連成問題について講義をしていただきます。

また、演習編では、弊社が開発したiGRAFを使って、粉の攪拌や流動層、
固気液三相流のシミュレーションを実際に体験していただきます。

粉体・混相流シミュレーションの基礎から応用まで学べる大変貴重な講座と
なっておりますので、ご興味がある方はぜひご参加ください。

・粉体・混相流シミュレーションの基礎・応用講座の詳細、お申し込みはこちら
http://www.sbd.jp/news/post_2.shtml

・粉体・混相流シミュレーションソフト「iGRAF」
http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml

 

[ 2017.06.01 from クラ ]

          

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.434 - 実行
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

4月からの2カ月間、こちらでメルマガ執筆をさせていただきました
happy wifeです。
今回も含めて計8回、書かせて頂いたタイトルを以下に列記してみました。

No.691「新しいことへのチャレンジ」
No.692「始めることを止めて、終わらせることを始めよう」
No.693「常識を疑う」
No.694「共通言語・体験と人間修行」
No.695「営業を定義する」
No.696「これまでと同じことを繰り返して、違う結果を求めるだなんて、
     まるで狂気の沙汰だ」
No.696「覚悟」

こうしてこれまでの投稿を振り返ってみると、No.695を除いて、私個人の仕事に
対する考え方を整理させていただいたのかなと思います。
この投稿を客観的にみると、「どうやら、すごく悩んでいる人」のように思えます。
私は日記を書きません。
メモ帳は日々かなりの記述はありますが、
その時の「TODO」「考えなければならないこと」は書
いてあっても、「考えていること」「思ったこと」を記述しているわけではあり
ません。文章を残して、後で振り返るという行為をやってみると、実はかなり
有意義なものだということを感じました。
今日のタイトルは、正にそれに対する答えかと思っています。
つまり、「もうあんまり悩んでないで、とにかく行動しろよ」、
つまり「実行」あるのみ...なのです。

恐らく2017年に入って、新しい立場、業務、これまでとは違った責任、他者との
関係性、距離など、悩ましい出来事が一気に押し寄せてきて、それを自分なりに
どう整理すべきか悩んでいたのだろうと思います。
自分自身でこの記述を振り返ると、そう思えてなりません。

そもそも設計者向けCAE/解析とはなんら関係のない、営業コンサルである私が、
このような場で、このような機会を頂いたこと自体、読まれている皆様にとっては
不思議かと思われます。
しかしながら、営業畑でずっと過ごしてきた私が、なぜだか電子基板製造業の
経営をある日から携わるようになる。
その視点から見れば、分野は違えども、悩みは変わらないのだなというのが実感
でもあります。そういった意味で、用語は皆様の専門分野に置き換えながら、
お読みいただいたものと考えております。

構造計画研究所SBD営業部のおかげで、私自身は迷いから抜け出て、
今日から新しい「実行」フェーズに入れます。
ぜひ、良い結果を伴って、またこのメルマガを書く機会が頂戴できるものと期待し、
筆をおきたいと思います。


 

[ 2017.06.01 from Happy wife ]

┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017.06.01 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────────
──────────────────────────────────
◆展示会◆
◇第28回 設計・製造ソリューション展◇
 2017年6月21日(水)~23日(金)
 会場:東京ビッグサイト
 http://www.dms-tokyo.jp

◇人とくるまのテクノロジー展2017◇
 名古屋:2017年6月28日(水)~6月30日(金)
 http://expo-nagoya.jsae.or.jp/

◆無料セミナー◆
◇EMS2017無料セミナー◇
SOLIDWORKSアドインの電磁界解析ソフトEMSの最新機能をご紹介します。
 日時:2017年6月15日(木)14:00~16:00
 会場:構造計画研究所
 http://www.sbd.jp/news/ems2017.shtml

◇非接触計測技術によるCAEの妥当性検証と精度向上セミナー◇
 日時:2017年6月29日(木)13:00~17:00
 会場:構造計画研究所
 https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/1755

◆有償講座◆
◇粉体シミュレーションの基礎・応用講座
粉体シミュレーションの理論と商用ソフトウェアの操作を学習
産業体系の粉体・混相流のシミュレーションを実行できること
を目標とします。
 日時:2017年6月14日(水)10:30~
 受講料:税抜:58,000円/名
 http://www.sbd.jp/news/post_2.shtml

◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1回目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2回目)
 ■設計、検証実習編(3回目)
東京・大阪・名古屋 で開催しております。
 詳細は↓ここから 
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆Webセミナー◆
◇100% FloEFD活用し隊!◇
 2人の女性流体解析エンジニアがWebセミナーを開催します。
 http://www.sbd.jp/news/100_floefd.shtml

◇100% SOLIDWORKS Flow Simulation活用し隊!◇
 2人の女性流体解析エンジニアがWebセミナーを開催します。
 http://www.sbd.jp/news/100_swfs.shtml

◆定例セミナー(有償座学)◆
◇設計者のための熱流体解析入門トレーニング(流体・熱編)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方
 熱流体解析を学んでみませんか?
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9Ll

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 電磁場解析セッションが追加されました。
 http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

◇SOLIDWORKS Simulation非線形・動解析体験セミナー◇
 SOLIDWORKS Simulation Premiumの体験セミナーはじめました
 http://www.sbd.jp/news/solidworks_simulation_1.shtml


         

 [ 2017.06.01 from KURODA ]

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
ユーザーフレンドパーク【Happy wife】さん今回で終わりです。8回にわたり
ありがとうございました。実行あるのみ!ですね。
6月に入り、展示会やセミナーなど、いくつかご用意させていただきました。
悩んでないで、展示会やセミナーで私たちに相談してください。実行あるのみ!
ですよ♪
       

[ 2017.06.01 from KURODA ]


*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...



ページトップへ戻る