本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2017年の一覧 > Vol.692「The メッシュ (基本編)」

メールマガジンバックナンバー Vol.692
「The メッシュ (基本編)」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2017-04-13<Thu> [Vol.692]

SBDメールマガジン読者のみなさま こんにちは。

2017年も4月となり会社に新たな仲間を迎え、彼ら彼女らへ自分の仕事を語る機会を
持っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
私は2年前に新入社員向けに部門紹介をしました。
日々の仕事を俯瞰し、技術的な事柄を分かり易く話をするのは思いのほか難しかったり
照れくさかったりしましたが、一方で思いを込めて話ができる楽しい機会でもありました。
部門のミッションのなかで"新しい技術への挑戦"をキーワードに挙げたのですが、
まさに今週ひとつの製品を発表し皆様へお届けできるようになりました。
2月リリースのHiramekiWorks(http://www.sbd.jp/product/kozo/hirameki_workssolidworks.shtml)に続く
SBD発ソフトウェアの第2弾SOLIDWORKSアドイン粉体・混相流解析ツール
"iGRAF"(http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml)です。

iGRAFは他のSBD製品とおなじく設計者の皆さんに活用されることを開発のコンセプトに持ち、
これまでの粉体解析ツールとは比較にならない分かり易い解析セットアップを実現しました。
一方で粉体を中心としたマルチフィジクスシミュレーションは、非常に多くの粒子同士の
衝突現象と固相・気相の相互作用を扱うため、実現象と解析で表現できる世界のすりあわせ、
いわゆるモデル化も重要となります。
この点に関しては、粉体工学で著名な東京大学酒井幹夫准教授を講師に迎え基礎講座を
定期開催することにしました。
次回は6月14日(水)です。http://www.sbd.jp/news/post_2.shtml

製品コンセプトはこれまでと同じながら、プリポストから計算部まで自分たちで開発している製品なので、
リリースはまさに新しい世界への挑戦です。
世の中へリリースしたことに結構どきどきしていますがiGRAFが製造業の皆様に役立つよう
精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

iGRAF・HiramekiWorksは明日まで開催の名古屋設計製造ソリューション展で展示・デモをしていますので、
足を運んでいただけましたら幸いです。

          

[ 2017.04.13 from MORI ]

┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【関西だより】Vol.7 - 大阪造幣局の桜の通り抜け
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
桜の季節となりました。大阪の桜の名所といえば、造幣局の「桜の通り抜け」
があります。毎年、この時期に1週間の期間限定で構内の全長560mの通路が、
特別に一般開放され、さまざまな種類の桜を数多く楽しむことができます。
今年は、現在まさに開催中で、4/11~4/17の連日午後9時まで実施され、
日没後にはライトアップもされているようです。弊社の大阪支社からは、
京阪電車に乗って、ひと駅で行けますので今年もぜひ行ってみたいと思います。
満開の桜が咲き誇っている様子や、花びらが、ひらひら舞い散る花吹雪も
とてもきれいですよね。

そんなことを考えていると、ふと、この桜の花びらが、ひらひら舞い散る現象を
解析するのは、結構難しいなぁと思ってしまいました。
現象としては、桜の花びら(固体)が風(気流)の影響で移動する固気混相流。
また、花びらの形状もさまざまで、弾性体の挙動をするかも?数量も膨大?等々、
とても現実の現象そのままを解析できそうもありません。
そんな時は、実現可能な範囲で検討してみましょう。

例えば、熱流体解析FloEFDやSOLIDWORKS Flow Simulationの格子法解析では、
どうするかな?と考えました。気流の解析は実施できると思いますが、
桜の花びら(固体)移動はできません。可能な範囲として、固体を粒子(計算点)
と仮定して計算する、粒子スタディ(パーティクルトラッキング)機能を利用すれば、
気流の影響で粒子がどのように移動するか?を擬似的に検討することができます。
ただし、重さの考慮はできますが、粒子と粒子の衝突は考慮できない等の制限も
ありますので注意は必要となります。
このため、花びらを粒子と仮定して、気流で移動落下し地面に落ちていく軌跡や
この辺りに集まりそうだなぁという擬似的な検討はできそうです。

さて、突然ですが、お待たせしておりました新しい解析ツールとなります、
<粉体・混相流解析【iGRAF】>が、ついに弊社より4/12販売開始されました!
昨日ニュースリリースも掲載されましたので下記をご参照ください。
-----------------------------------------------------------------
◇◇[NEWS RELEASE]:粉体・混相流解析【iGRAF】、4/12販売開始◇◇
 http://www.kke.co.jp/news/pdf/2016/NewsRelease_iGRAF.pdf
 ・SOLIDWORKSアドイン 粉体・混相流シミュレーションソフトウェア
  固体(粉体)/液体/気体の三相流シミュレーションを手軽に!
-----------------------------------------------------------------

それでは、話を戻しまして、桜の花びら問題について、
この<粉体・混相流解析【iGRAF】>を適用すると、どうなるでしょうか?
こちらは、DEM-CFDと呼ばれる粉体流体二相流の連成シミュレーション技術が
搭載されていますので、固気二相流のシミュレーションが可能となります。
具体的には、粉体と気体の混相流解析が実施できますので、
粉体が気体で移動する現象の解析や、粉体と粉体の衝突の考慮もできます。
また、粒径の違いも考慮して解析できますので、従来のツールに比べ、
より現実に近い解析が実施できそうです。
このため、花びらが、気流で移動落下し衝突しながら地面に落ちて、
降る積もる様子まで検討できるかと思います。
イメージとしては下記のWeb事例動画が参考になるでしょうか。

・(事例動画)流動層:粉体中に空気を流入する解析事例。
 http://www.sbd.jp/product/igraf_fluidizedbed.shtml
・(事例動画)サイクロン:粒径の異なる2種類の粉体材料を分離する装置例。
 http://www.sbd.jp/product/igraf_cyclone.shtml

自然現象をそのままシミュレーションするのは、まだまだ難しいですが、
どんどん新たな革新的技術も出現してきておりますので、これらを活用して、
皆様のお役に立てるような技術提供や情報発信をできればと考えております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

[ 2017.04.13 from CARP25 ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【流体】若手エンジニア目線の流体シリーズ Vol.18 第5回 流体活用Webセミナー" The メッシュ (基本編) "
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メルマガをご覧の皆さま、こんにちは。
流体エンジニアのmamiです。

今週は、担当している製品の代理店会議が中国の成都で開催され、私も参加をしてきました。
成都は伝統的な建物と共存している都会で、とてもオシャレな街でした。
中華料理の中でも四川料理は特に辛いそうですが、食べられないくらい
辛かったらどうしようと思いながら食べた火鍋は(もちろん辛いですが)とても美味しかったです。
ただ、日本人の胃には刺激が強かったのか、夜に胃が痛くなりまして、
最終日に腹痛と闘う羽目になりました。
胃薬を持っていけば良かったです。。。

さて、先月のメルマガの記事の中で、
FloEFD、SOLIDWORKS Flow Simulationを100%活用する為の新しいWebセミナー
についてご紹介しましが、皆様チェックしていただけましたか?
オンラインヘルプなどの既存のツールに加えて、是非このWebセミナーもご視聴いただき、
皆さんの設計検討にFloEFD、Flow Simulationを役立ててください!

3月29日(水)に第四回「SBDソリューションカンファレンス2017見逃した!(汗)
どんな内容だったのか知り隊!?もう一度聞き隊!?」を放送し、解析時間も長く
メッシュも膨大になりがちな熱解析にすぐに生かせるコンパクトモデルなどをご紹介しました。
バックナンバーも配信されておりますので、気になった方はこちらからアクセスしてください。
FloEFDの方⇒https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10258
SOLIDWORKS Flow Simulationの方⇒https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10259

次回は、第5回目で、来週4月19日(水)の放送予定です。
タイトルは「The メッシュ - 基本編 -」です。
熱流体解析に使用されるメッシュはそのソフトの特長によって様々ですが、
FloEFD、Flow Simulationは他のソフトに比べても非常にユニークです。
JSAE(公益社団法人自動車技術会)で行われた熱流体解析ソフトの比較調査では、
他のソフトが数千万単位のメッシュを使用するなかで、FloEFDだけは数百万におさまるメッシュで
高い精度の結果を出すなど、同じ解析対象でもその特徴が示されています!
(成都で開発者と交流してきたので、ついつい文章も熱くなっている気がします。。。)
まだソフトは使ってないけどどんなメッシュを使っているんだろう?と気になった方、
なんとなく使えてるけど復習したいという方、是非Webからお申込ください。

FloEFDユーザーの方はこちら⇒http://www.sbd.jp/news/100_floefd.shtml
SOLIDWORKS Flow Simulationユーザーの方はこちら⇒http://www.sbd.jp/news/100_swfs.shtml
各回定員がありますので、お早めにお申込ください。

それでは、また次回まで。


 

[ 2017.04.13 from mami ]

          

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.428 - 始めることを止めて、終わらせることを始めよう
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
先週、「新しいことへのチャレンジ」というテーマでメルマガデビューを果たしたHappy wifeです。
週末、兵庫県の桜の名所夙川公園にて、花見という名の大混雑を体験してまいりました。
もともと四国生まれ、四国育ちのHappy wifeとしては、花見には牧歌的なイメージしかないのですが、
さすがに抱える後背人口の多い都市圏の花見は人の数が違いますね。

さて、今回のテーマ「始めることを止めて、終わらせることを始めよう」ですが、
最近読んだ本『カンバン仕事術~チームではじめる見える化と改善』で、最も心に残ったフレーズです。
端的に言えば、マルチタスクからシングルタスクへの転換。
要するに、仕掛り業務を減らして、着手した業務を終わらせることを優先しよう。というお話しです。

二年前から経営に参加させていただいている電子基板製造会社では、
現在、新素材開発を社長直下プロジェクトとして進めおり、このプロジェクトが遅々として進んでいません。
その根本問題に、この「マルチタスク」があると睨んでいます。

担当リーダーは社内で「猫」と評されています。
なぜなら猫じゃらし(新しい情報)にばかり反応して、本来やるべき業務に注力できないからです。

ここで重要になってくる考え方が、今回のテーマ「始めることを止めて、終わらせることを始めよう」なのです。
エリヤフゴールドラット博士の唱えたTOC/制約理論の「やらない仕事を決める」とも通じます。

仕事をしていると、次から次へと新しい問題がやってきて、それに対する対応策が講じられます。
これらすべてに着手するのをぐっと我慢して、まずは今着手している取り組みを確実に終わらせる。
それこそが、確実に仕事を前に進めていく「原理」なのではないでしょうか。

さて、「猫」をどのようにマネジメントしていくか。
この対応に着手すべきか、それとも否か。
今回のテーマから考えると、アンビバレントな悩みに陥りそうです。

 

[ 2017.04.13 from Happy wife ]

┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017.04.13 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────────
──────────────────────────────────
◆展示会◆
◇第2回 名古屋 設計・製造ソリューション展
 2017年4月12日(水)~14日(金)
 ポートメッセ 名古屋
 http://www.dms-nagoya.jp/

◇HiramekiWorks 構造最適化活用セミナー◇
 ~理論から学べて、明日からの設計を変える~
 日時:2017年4月19日(水)13:30~
 http://www.sbd.jp/news/hiramekiworks.shtml

◇SOLIDWORKSではじめる熱流体解析入門セミナー◇
 日時:2017年5月23日(火)13:30~
 場所:構造計画研究所 本所新館
 http://www.sbd.jp/news/flowsimulation.shtml

◆有償講座◆
◇粉体シミュレーションの基礎・応用講座
粉体シミュレーションの理論と商用ソフトウェアの操作を学習
産業体系の粉体・混相流のシミュレーションを実行できること
を目標とします。
 日時:2017年6月14日(水)10:30~
 受講料:税抜:58,000円/名
 http://www.sbd.jp/news/post_2.shtml

◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1回目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2回目)
 ■設計、検証実習編(3回目)
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆Webセミナー◆
◇100% FloEFD活用し隊!【Webセミナー】◇
 2人の女性流体解析エンジニアがWebセミナーを開催します。
 http://www.sbd.jp/news/100_floefd.shtml

◇100% SOLIDWORKS Flow Simulation活用し隊!【Webセミナー】◇
 2人の女性流体解析エンジニアがWebセミナーを開催します。
 http://www.sbd.jp/news/100_swfs.shtml

◆4月定例セミナー(無料体験)◆
◇設計者向け熱流体解析 FloEFD体験セミナー
         (Creo/CATIA V5版も対応可能!)◇
【東 京】2017年04月28日(金)13:30~
【大 阪】2017年04月11日(火)13:30~※終了しました
【名古屋】2017年04月25日(火)13:30~
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 定員:各3名
【東 京】2017年04月26日(水)13:30~
【大 阪】2017年04月20日(木)13:30~※受付終了しました
【名古屋】2017年04月28日(金)13:30~
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◆定例セミナー(有償座学)◆
◇設計者のための熱流体解析入門トレーニング(流体・熱編)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方
 熱流体解析を学んでみませんか?
 5月は名古屋で開催します!
 流体編:2017年5月25日(木)
 熱編: 2017年5月26日(金)
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c1

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 電磁場解析セッションが追加されました。
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c2

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c4

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c5

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

◇SOLIDWORKS Simulation非線形・動解析体験セミナー◇
 SOLIDWORKS Simulation Premiumの体験セミナーはじめました
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c3


          

[ 2017.04.13 from KURODA ]

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
12日から名古屋設計・製造展が始まりました。今年で2回目となります。
名古屋のみなさん お時間がありましたらお寄りくださいね♪
さて、2月にリリースされました「HiramekiWorks」4月19日に
構造最適化セミナーを開催いたします。SOLIDWORKSお使いの方で
構造最適化にご興味のある方は、ぜひお越し下さい。
http://www.sbd.jp/news/hiramekiworks.shtml

      

 [ 2017.04.13 from KURODA ]

*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...



ページトップへ戻る