本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2017年の一覧 > Vol.691 「新しいことへのチャレンジ」

メールマガジンバックナンバー Vol.691 
「新しいことへのチャレンジ」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2017-04-06<Thu> [Vol.691 ]

SBDメルマガ読者の皆様、こんにちは。

 ようやく暖かくなり今週末は各地で桜が満開になることと思います。
暖かくなり、桜が咲き、新人が入社しなんとなく浮き浮きとした気分になるのは
私だけでしょうか?
 新年度早々ですが来週名古屋では「設計・製造ソリューション展」という比較的
大規模なIT関連の展示会が開催されます。

名古屋「設計・製造ソリューション展」
http://www.dms-nagoya.jp/
日時:2017年4月12日(水)~4月14日(金)
場所:ポートメッセ名古屋(あおなみ線金城ふ頭下車)

 今回の展示会出展の目玉をご紹介します。
構造計画研究所SBD営業部では3次元CAD「SOLIDWORKS」にアドオンして使う2つの
アプリケーションを開発しました。

1.最適化ソフトウェア「HiramekiWorks」(ひらめきワークス)
http://www.sbd.jp/product/kozo/hirameki_workssolidworks.shtml

2.混相流解析ソフトウェア「iGRAF」(アイグラフ)
http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml

「HiramekiWorks」は最近様々な分野で活用される「トポロジー」を利用した最適化
および形状最適を求めるプログラムで、最適化ソフトの老舗くいんと社と共同開発
しました。これを利用することにより今まで考えつかなかった新たな「閃き(ひらめき)」
を与えるソフトウェアです。

「iGRAF」は東京大学酒井先生との共同研究成果を元に作られたプログラムで
(気体と液体)の2層流や(気体・固体・液体)の3層流の連成シミュレーションを
可能にした画期的なソフトウェアです。
どちらも市場的はニッチですがSOLIDWORKSで設計を行う設計者向けに開発したもので
お求めやすい価格を設定しています。

 ぜひ会場に来てご覧ください。来週からの3日間、お待ちしています!

ではまた。
          

[ 2017.04.06 from J.O ]


┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【構造】SOLIDOWORKS Simulation理論マニュアル (Vol.4) - 線形と非線形
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

SOLIDWORKS Simulationの技術サポートを担当している越川です。
SOLIDWORKS Simulationに付属している2つの理論マニュアル内のトピックを紹介
しています。現在のバージョンでは理論マニュアルとして
「Introduction to Simulation」と「Theoretical Manual」が準備されています。

引き続き「Introduction to Simulation」に関する話題を紹介します。
前回、材料に関しての紹介をしましたが、今回は線形と非線形に関してです。

線形というのは、グラフが直線になることに由来しています。y=axの形になると
いうことです。ここではxとyの組み合わせとして、外部的には外力と応答(変形)、
内部的にはひずみと応力を考えます。応力とひずみが比例しているという前提で
実施する解析を線形解析と呼びます。この場合、比例定数にあたるaは弾性係数
(ヤング率)になります。言い換えると弾性係数が変わらないという条件での解析
ということになります。

線形解析には弾性係数が変わらないこと以外にいくつかの制約条件があります。
・変形量が小さい。
・すべての荷重は非常にゆっくりかけられて、荷重が掛かった状態が維持される。
・荷重がかかっている間、境界条件が変わらない。荷重がかかったことで部品間
の接触状態が変わらない。

これらの条件の下で解析をすることを考えます。例として線形ばねに対して、
10Nの荷重で1m伸びる場合、20Nの荷重では2m伸びることになります。線形解析の
特徴として、重ね合わせ(線形結合)があります。複数の荷重条件で別々の解析を
した場合にそれらの荷重を合わせた状況を考えると、結果を足し合わせたものが
荷重を合わせた場合の結果になるということです。

制約条件が1つでも成り立たない場合は全て非線形解析になります。つまり非線形
となる要因は様々にあるということです。以下に非線形となる要因を分類して紹介
します。

・材料非線形
 金属材料は、荷重が小さい状態では線形になっています。荷重を大きくしていく
とついには降伏して塑性変形してしまいます。そのときの応力が降伏応力です。
その後は非線形の振る舞いをします。ゴム材料は線形領域がほとんどなく、ほぼ全域
にわたって非線形になります。降伏はせずに荷重が大きくても元の形状に戻る弾性を
示すので、超弾性と呼ばれる材料非線形になります。他の材料非線形として弾塑性、
クリープ、粘弾性、熱塑性などがあります。

・境界非線形
 接触状態が変わる非線形で鍛造や絞り加工などが典型的な例になります。
接触状態が変わる瞬間の不連続性があることが特徴です。片持ち梁に荷重をかけてい
くと、少し離れたところにある別の物に接触する場合も境界非線形の例になります。

・幾何非線形
 変形量が大きい場合の非線形で大変位解析とも呼ばれます。幾何非線形の特徴的な
例としてスナップスルー現象があります。変形量が小さければ線形で扱えるが変形量
がある程度以上になると非線形になることが特徴です。最初の剛性を使用して解析す
ることができるかということが判断材料になります。

非線形解析は、いずれも細かいステップに分けて徐々に変形状態を解析していくとい
う手法がとられ、代表的な手法としてNewton-Raphson法があります。

今回はこのあたりまでにしておきます。次回はこの続きを紹介します。

[ 2017.04.06 from K.Koshikawa ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【構造】ミサキの構造入門シリーズ Vo1.16 - youtubeデビューしちゃいました
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆様!こんにちは!
構造解析エンジニア ミサキです。

先日入社式があり、私も三年目に突入いたしました。
新入社員の姿を見ると、あああんな初々しい時もあったなあ~なんて思うような
落ち着いた社会人にはまだなれておりません。笑

お客さんのところに説明に行くのも、セミナー講師もまだまだドキドキしますし、
出張に行くのも、セミナーコンテンツを作るのもワクワクします。

そんな調子で、SBDソリューションカンファレンスでは、司会でマイクが入って
いないことに気づかず、話し始めるというドジを起こしてしまいました。
(失礼いたしました)

あ~あと思っておりましたが、可愛がってくださるユーザーの方には去年より
ぐっと成長したと暖かいお言葉を頂戴いたしました。(仕事への考え方とか)
新人の頃からずっと見守ってくださる方がいるのは励みになることです。

もう少し落ち着いたプロのエンジニアになれるように頑張っていきたいと思う次第
です。笑

さて、今私がお送りしています
"SOLIDWORKSユーザーに贈る!30分で学べる構造最適化スタートアップセミナー"
いよいよ明日が最終回です!13時30分よりお送りいたしますので、是非皆様お申し
込みいただければと思います。

最終回なのか~構造最適化興味あったけど、もう遅いな~と思われたそこのあなた!
朗報です!
これまでの動画をyoutubeにアップしておりますので、以下のサイトよりお申し込み
いただきますとURLが届き、バックナンバー視聴が可能になります!!
http://www.sbd.jp/news/solidworksweb_hiramekiworks.shtml

ミサキもついにyoutubeデビュー!です。是非ご視聴くださいませ!!
明日の内容もyoutubeにアップする予定ですが、
せっかくの最終回なので、是非"生"でご視聴いただけると嬉しいです!

生放送ならではのチャット機能を使ったQAコーナーも設けますので、構造最適化
について気になること
なんでも聞いてください!お答えいたします!

構造最適化勉強したい方にはうってつけのWEBセミナーですので、
是非ご活用ください!

では、また次回!

[ 2017.04.06 from ミサキ ]

          

┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.427 - 新しいことへのチャレンジ
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

新年度が始まりました。
我が家の最初の行事は、伊勢神宮参拝でした。
1歳4カ月になった娘の人生初の外歩きが伊勢神宮という、記念すべき第一歩と
なりました。
個人的には、構造計画研究所SBD営業部が展開するこのユーザーフレンドパークに、
8週間に渡ってメルマガ投稿の機会を頂戴いたしました。
私自身にとって「新しいことへのチャレンジ」となります。

遅ればせながら初めまして。営業コンサル会社と電子基板製造会社を経営。
関西の大学で社会調査の講師をしておりますHappy wifeです。

新年度にふさわしいと思い、本テーマを選びました。
「新しいことへのチャレンジ」には期待と不安がつきものです。
なぜならそれは自分にとって「未知の領域」だからです。

人間、経験が増えると、「未知の領域」が少なくなります。
自分の仕事や、会社業務の全体像が見えていくと同時に、「不安」は薄れて
ゆきます。
だからこそ、新入社員に対しては全体感を伝えてあげれば、早めに「不安」を
取り除いてあげられるのではないでしょうか。

他方で、「未知の領域」が少なくなると、「期待」感も同時に薄れていきます。
この「期待」感を薄れさせないためには、「全体像」を勝手に決めつけないことが
重要になります。
気づいていないだけ、知らないだけ、であって、まだまだやれることはたくさんある。
そう思えば、当たり前と思っていた日常にも、「期待」感が湧いてきます。

思い込みから自分を解放し、新しいことにチャレンジする。そんな2017年度に
したいと思います。
2か月ほど、お付き合いいただければ幸いです。

 

[ 2017.04.06 from Happy wife ]

┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2017.04.06 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────────
──────────────────────────────────
◆展示会◆
◇第2回 名古屋 設計・製造ソリューション展
 2017年4月12日(水)~14日(金)
 ポートメッセ 名古屋
 http://www.dms-nagoya.jp/

◆Webセミナー◆
◇自動設計のヒント★Webセミナー★Tacton-Monday◇
 毎週月曜ライブ配信!
 http://www.sbd.jp/news/tacton-monday.shtml

◇SOLIDWORKSユーザーに贈る!
   30分で学べる構造最適化スタートアップセミナー◇
【第1回】 3月3日終了
【第2回】 3月17日終了
【第3回】 3月31日終了
【第4回】 4月07日(金)13:30~14:00
     「形状最適化は減らすだけじゃない!
      HiramekiWorksが最適なリブを作成する衝撃の
デモンストレーションお見せします。
http://www.sbd.jp/news/solidworksweb_hiramekiworks.shtml

◇100% FloEFD活用し隊!【Webセミナー】◇
 2人の女性流体解析エンジニアがWebセミナーを開催します。
 http://www.sbd.jp/news/100_floefd.shtml

◇100% SOLIDWORKS Flow Simulation活用し隊!【Webセミナー】◇
 2人の女性流体解析エンジニアがWebセミナーを開催します。
 http://www.sbd.jp/news/100_swfs.shtml

◆セミナー◆
◇HiramekiWorks 構造最適化活用セミナー◇
 ~理論から学べて、明日からの設計を変える~
 日時:2017年4月19日(水)13:30~
 http://www.sbd.jp/news/hiramekiworks.shtml

◇設計者向け熱流体解析 FloEFD体験セミナー
         (Creo/CATIA V5版も対応可能!)◇
【東 京】2017年04月28日(金)13:30~
【大 阪】2017年04月11日(火)13:30~
【名古屋】2017年04月25日(火)13:30~
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 定員:各3名
【東 京】2017年04月26日(水)
【大 阪】2017年04月20日(木)
【名古屋】2017年04月28日(金)
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◆実践講座(有償)◆
◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1回目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2回目)
 ■設計、検証実習編(3回目)
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆定例セミナー(有償座学)◆
◇設計者のための熱流体解析入門トレーニング(熱・流体編)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方
 熱流体解析を学んでみませんか?
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c1

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 電磁場解析セッションが追加されました。
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c2

◇SOLIDWORKS Simulation非線形・動解析体験セミナー◇
 SOLIDWORKS Simulation Premiumの体験セミナーはじめました
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c3

◇電子機器設計者のための熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c4

◇SOLIDWORKS&TactonWorks体験セミナー◇
 3次元CADと自動設計の有用性を体感していただけます!
 https://kke.smartseminar.jp/cc/0ncP9c5

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

          

[ 2017.04.06 from KURODA ]

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
本日からユーザーフレンドパーク Happy wifeさんが始まりました!
思い込みから自分を解放し、新しいことにチャレンジする。良いですね♪
全8回、Happy な気持ちで読みたいです。
さて、来週は名古屋で設計・製造展が開催されます。昨年同様、構造計画
も出展しますので、是非いらしてください。私もお手伝いにいきます!

       

[ 2017.04.06 from KURODA ]


*** SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2017年カレンダー アップデート ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...



ページトップへ戻る