本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2002年の一覧 > Vol.27「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

メールマガジンバックナンバー Vol.27
「S.B.D. MAIL MAGAZINE」

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、「SBDメールマガジン」の過去送信分のバックナンバーです。

S.B.D. MAIL MAGAZINE 2002-03-20<Wed> [Vol.27]

=====================================================================
◆◆ S.B.D. MAIL MAGAZINE ◆◆.....2002-3-20[Vol.27]
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. .....http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm
=====================================================================
-----おしらせ---------------------------------------------------------
■■■■■■設計者向けCAEソリューションセミナー■■東京4/4■■■■
~設計プロセス全体の変革をもたらすCAEとは~
[開催日時]  4月4日(木)13:30~16:00(13:00より受付)
[場所]    構造計画研究所 本所新館 丸の内線「新中野」 徒歩1分
[受講料]   無料
[定員]    20名
↓お申込みはこちらから↓
http://www3.kke.co.jp/sbd/common/reg.html
---------------------------------------------------------------------

_[INDEX]____________________________________________________________
┃1┃SBD News
*【機構】■ DDMの開発元MDI社がMSC社に買収 ■
*【樹脂流動】■ Moldflow 国際ユーザー会 速報 ■

┃2┃Web Site見て歩き(連載) NO.11
* SBD技術室 前田のおすすめSite
______________________________________________________________________
■ IT発達の恩恵 ■

巷では卒業シーズン、多くの企業では年度の変わり目もいよいよ大詰めとなっ
てきました。やはり日本では、この季節が最も多くの別れと出会いが出現しま
す。

私も、この季節は、せっかく親しくなれたパートナー企業の方やお客さん、代
理店の方、あるいは同僚と、やはり様々なお別れを経験しますが、別れが残念
に思えるのは、いい出会いができたことの裏返しなのだと、再会を楽しみにす
るようにしています。

しかも、ITの発達のおかげで、世界はどんどん小さくなって、どこにいても
安価にコミュニケーションが取れるようになってきましたので、形はどうあれ
次の日にはまた「こんにちは!」と挨拶が交わせるんですから。そこでまた、
新しい環境に移った方とコミュニケーションできれば自分の世界も広がって行
く訳ですし。

これからは、生きている間に本当の意味での別れがあるとしたら、物理的な問
題ではなく、単に気持ちの問題か、ITが活用できないか、どちらかだとも言
えるのではないでしょうか。ビジネスでも個人生活でも、大いに活用したいで
すね。
               [ 2002.3.20 from H.Hayashi ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃SBD News
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【機構】■ DDMの開発元MDI社がMSC社に買収 ■
昨日の朝ですが、機構解析ソフトDDMの開発元であるMDI社(Mechanical
Dynamics,Inc.,米国ミシガン州)がMSC社(MSC.Software)によって買収される
というニュースが流れました。MSC社はMSC.Nastranで有名ですが、CAE業界の
リーディングカンパニーとして、1,300人の社員を有するCAEの大会社です。

弊社においても、MSC.Nastran for Windowsの販売など、十数年前よりMSC社と
の関係は深く、本メルマガの、好評・連載の「構造解析よもやま話」が、[MSC
技術室 K.M](村上氏)によって執筆されているのにお気づきの方も少なくな
いと思います。

いずれにせよ、この買収の情報は、私どもにとっても突然のことで、情報の整
理がよく出来ていませんが、皆様にご愛顧いただいておりますDDMは、今後も
CAD埋め込み型の設計者向け機構解析ツールとして、全ての主要CADに対して開
発が継続されると発表されておりますので、安心しております。

先週、本メルマガでお知らせしましたように、DDMはSolidWorks版に関しては、
4月よりCOSMOS/Motionと名称が変わります。SolidWorksブランドで引き続き
弊社が販売することに決まっておりますが、DDMの他のCAD(現在は、MDTと
SolidEdge、まもなくInventorとCATIA)バージョンは、今後はMSCブランドと
なるということです。

米国の会社の相次ぐ買収劇は、いつも突然のことで、ユーザーや私共のような
販売店を不安にさせますが、常にユーザーの側に立った視点で物事を考えてい
きたいと考えております。

                [ 2002.3.20 from T.Sumiya ]

【樹脂流動】■ Moldflow 国際ユーザー会 速報 ■
3月17日~19日まで、Moldflow International User Group Conferenceが
米国ボストンにて開催されました。

初日は日曜日にもかかわらず200名以上の参加者が集合し、Moldflow副社長
Ken Welch氏の開会宣言とともにユーザー会が始まりました。このあと部屋を
2分して、SIGと呼ばれる分科会がスタート。

ユーザーはどちらか興味のあるテーマの部屋に参加し、事前に集められた要望、
質問、クレームに対して意見を言い合って討論するといったどこかのTV番組そ
っくりのスタイルで進行していきました。

2日目はMoldflow CEOのMarc Dulude氏が登場し、Moldflowのシェアの状況やプ
ロダクト、そして最新の事例を報告し、300名以上入る会場はほぼ満席の状
態でした。その後には基調講演、各国の事例の紹介が行われ2日目も無事終
了。最終日はMPA Ver6.0の発表がプロダクトマネージャーのMurali氏からあり
ました。

今回は特にMold Adviserの機能強化が中心となっています。 新機能抜粋・ゲ
ート形状の強化 特にファンゲート(テーパー定義)が追加されました。

・ゲート形状、キャビティ+ゲートのみの解析ができるようになりました。
・複数部品のレイアウト支援機能が搭載されました。(パーツ同士の座標を合わせる等)
・3枚金型でのスプルー、ランナー、ゲートの自動生成
・読み込むSTLファイルの品質チェック機能が搭載

これ以外にも細かいバージョンアップが行われています。また環境の変化とし
てWindowsXPの対応とAMD Athlonの対応が発表されました。弊社のビジネスに
関係することといえばこのMPA6からautodesk Inventor版MPAが追加されます。

米国での正式プレスは来月または5月になると思います。詳しい情報について
は弊社のWeb Siteまで
http://www3.kke.co.jp/sbd/mpa/home.htm

                [ 2002.3.20 from S.Maeda ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃?Web Site見て歩き.......第11回?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は弊社取り扱い製品の開発元Webです。

~ DDM 機構解析ソフト ~
http://www.designtechnologies.com/

~ Moldflow 樹脂流動解析ソフト ~
http://www.moldflow.com/

~ FloWorks 流体解析ソフト ~
http://www.floworks.com/

~ CircuitWorks PCB設計支援 ~
http://www.circuitworks.co.uk/

~ RobotWorks ロボットパスティーチング ~
http://www.compucraftltd.com/

               [2002.3.20 from S.Maeda]

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◎編集後記◎
オーダーメイドのお店でバッグを作りました。干支のアクセサリーや小物は縁
起がよいという話をしていたら、アメリカ製のカウガール柄の生地を出してく
れて、一目惚れでした。全体を革で仕立ててもらったのですが、デザインがオ
リジナルなだけでなく、とても丈夫なので、一生愛用できそうです。みなさん
は一生もののバッグをお持ちですか?

               [2002.3.20 from F.Kawasaki]

■このメールマガジンについて■
○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
http://www3.kke.co.jp/cae/sbdmail/home.htm
○ご意見・ご感想
mailto:sbdmgz@kke.co.jp

<SBDプロダクト>
○Dynamic Designer Motion(DDM)----------機構解析
○Moldflow Plastics Advisers(MPA)-------プラスチック充填解析
○FloWorks(FW)--------------------------熱流体解析
○CircuitWorks(CCW)---------------------PCB設計支援
○DesignSpace(DS)-----------------------構造解析
○COSMOS/WORKS(CW)----------------------構造解析

======================================================================
Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
東京都中野区中央4-5-3 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1223
http://www3.kke.co.jp/cae/home.htm
発行責任者:角家強志 編集担当:河崎ふみ
※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用される
場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。
======================================================================




ページトップへ戻る