本文へジャンプ

ホーム > 事例 > 適用分野別事例一覧 > 樹脂流動解析 SOLIDWORKS Plastics Standard【 ヒケ&ヒケマーク解析 】

樹脂流動解析 SOLIDWORKS Plastics Standard【 ヒケ&ヒケマーク解析 】

SBD製品を用いた樹脂流動解析 SOLIDWORKS Plastics Standard【 ヒケ&ヒケマーク解析 】をご紹介致します。

ヒケ&ヒケマーク解析

ヒケ&ヒケマーク解析は成形品の厚肉による収縮差から起こるヒケを事前に予測する解析です。裏面にリブなどがありますと、冷却後、製品表面に凹凸ができてしまいます。

【問題点】
製品の外観不良

【対策方法】
射出圧力を高くする
リブの肉厚を小さくする(部品の肉厚の1/2から2/3以内)
リブフィレットの半径を小さくする(部品の肉厚の1/4から3/4内)

※下記はヒケ&ヒケマーク解析の事例です。
ヒケ&ヒケマーク 画像.jpg

  • メールマガジン


ページトップへ戻る