本文へジャンプ

ホーム > SBD営業部について

SBD営業部について

SBDのコンセプト、支所・営業所、販売代理店などのご紹介を致します。

構造計画研究所 SBD営業部は、3次元設計手法「Simulation Based Design」に基づいた設計者向けCAE/解析ツールの販売をはじめ、それらの導入や運用に関する各種コンサルテーションを行っております。

SBDが製品の競争力アップを強力にサポート

製造業において、これまでの設計プロセスによる品質向上、効率化が限界に達している現在。他社との競争に打ち勝つために、いくつかの新しい設計手法(ラピッドプロトタイピングやデジタルモックアップなど)が生まれています。その中でも最もローコスト、ハイリターンかつ安全なBPR、それがSBDです。

製造業に理想的な設計BPRを実現するSBD

SBDとは、設計者自身がシミュレーションしながら設計検討するSimulation Based Designという設計手法で、フロントローディングという発想に基づいた新しい手法です。
基本設計の段階でSBDを用いれば、設計の後工程で製品性能を検証する従来型の解析とは違い、解析モデルもシンプルになり短時間で繰り返し設計案の検討がおこなえます。
製品性能を保証するにはある程度の試作・試験や解析の回数を必要としますが、コストのかからない設計の初期段階でこれを繰り返すことにより、飛躍的な品質向上とコストダウン結果的には大幅な期間短縮を実現できます。
SBDは設計部門におけるBPRで、導入後短期間でもっとも大きな成果をあげるための近道です。

SBDと従来の設計プロセスの比較

図:従来の設計プロセスの比較

※上記の図をクリックすると拡大します。

SBDツールの主な特徴

  • 3DCADデータがそのまま使え、特殊なモデル化ノウハウは不要。
  • CADソフトへの埋め込み型のため、データ変換や誤差修正が不要。
  • 解析特有のわずかな操作を覚えるだけで、すぐにSBD設計を実現可能。
  • 計算結果はアニメーションやXYプロットでCADの画面で確認。
  • 解析中の設計(形状)変更も、そのままCADデータに反映。
  • 2DCADユーザーも部分的に3D化するだけで、製品性能を即座に検証可能。

ブレイクダウンによる比較検討で設計の方針を決定


解析したい部品のみにターゲットを絞り解析を行う

基本設計段階での検討は、従来のようなフルモデルでの解析は適当ではありません。
たとえば設計意図に沿った性能が出せるかという、目的を絞った(ブレイクダウンされた)解析であれば、1つのケースの検討をわずか数分でおこなえます。何回も繰り返し検討することで、机上で最適な設計案を選考できるだけでなく、設計スキルの向上にもつながります。

アバウトアナリシスによる相対比較


設計上流で大きな効果をもたらす相対比較

シンプルなモデルで行う設計上流での解析は、アバウトアナリシスあるいは設計電卓と呼ばれています。
この段階では実験値に相当する解析結果を期待するのではなく、従来品と考案品との相対比較に注目します。
実験値と同じ結果が得られなくても、おおよその解がその場でわかるため、短時間に何度もリトライをおこないながら、品質の向上を図ることができます。

2DCADユーザの設計案検討にも有効


2DCAD環境にも活用できるSBDツール

設計プロセスの改革には、必ずしも3D化が必要ということではありません。
業界によっては、2DCAD環境で十分なケースもあります。そのような業界の製品設計においても初期段階での性能検討は重要です。
確認したい部分だけを3D化することで製品性能を検証し、手戻りを少なくすることができます。

用途に応じたパッケージツールを展開


SBDツール一覧

CAD埋め込み型のSBDツールでは、3DCADの画面上で解析がおこなえます。
また3DCADと同じデータで強度の検討、固有振動数、機構、伝熱、流体、プラスチック成形などさまざまな視点からの製品性能の検証が可能です。

より安全なビジネスプロセスの移行をサポート

高性能かつ低価格化が進む「設計時に使用する解析環境」。
しかし、一般に簡易解析ツールはただ導入しても期待通りの成果は得られません。
「SBD解析コンサルティングサービス」では、問題点・不安材料を払拭し、導入以前の段階での適正コンサルティングから、最適な使用法や解析技術・手法の解説、受託解析まで、あらゆる状況に応じたサービスを幅広い解析分野(構造解析/機構解析/プラスチック充填解析/流体解析など)に提供します。
SBDはスムーズなBPRを実現し、その効果を存分に発揮できるようフルサポートします。

コンサルティングサービスを見る

CAE基礎講座

CAEによる解析で最も重要な、「解析対象のブレイクダウン(モデル化)」および「グラフィカルな解析結果の評価」を正しくおこなえるよう、解析の基礎をより実践的な立場から丁寧に解説します。

操作トレーニング

CAEをすでにご経験の方またはCAE基礎講座レベルの知識をお持ちの方向けに、ソフトウェアの操作技術を短時間で効果的に習得するメニューです。

導入時立ち上げサービス

CAE導入時は、設計者にとって知識的・技術的な障害を感じるものです。
それらの不安材料を払拭できるよう、実際にお客様が設計されるモデルを用いて、ブレイクダウンから解析結果の評価まで、SBDツールの効果が実感できるレベルまで責任を持って指導します。

実践解析指導

導入以後、多種多様な設計・解析をおこなっていく上で、ブレイクダウンや解析結果の評価が困難な状況に陥った時など、SBDツールや解析に関するノウハウをもとに、お客様の問題を採りあげ、一緒にモデル作成・計算・評価をおこないます。

受託解析

「解析技術」は構造計画研究所創業以来の基幹テーマです。
豊富なノウハウと実績を元に解析に関するコンサルティング・問題分析・解析のモデル化・計算・評価・考察までの一連のコンサルティングをおこなっております。
また、振動解析、非線形構造解析、熱流体解析の分野では独自のプログラム開発やカスタマイズなどもおこなっています。

ホットラインサポート

ソフトウェアの使用上のトラブル・障害・操作方法などのお問合せに即日あるいは翌営業日までにタイムリーにお応えします。(一部の問題には、開発元との確認のため数日かかる場合もあります。)

SBD説明資料ダウンロード

  • メールマガジン


ページトップへ戻る